記事

バンカメ、20年原油価格見通し上げ 需要増や協調減産順守などで


[20日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・グローバル・リサーチは20日、2020年の原油価格見通しを引き上げた。中東地域の原油供給を巡るリスクや原油需要見通しの改善、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟国を加えた「OPECプラス」による協調減産の順守率上昇などを理由に挙げた。

バンカメ・グローバル・リサーチのアナリストはノートで、今年の北海ブレント原油価格は1バレル=平均62ドルと予想し、従来の60ドルから引き上げ。米WTI価格も57ドルと、54ドルから引き上げた。

今年の世界原油需要見通しは日量110万バレル増とした。

また、とりわけ上期の供給過剰は抑制される見通しとし、需給見通しに基づく過剰分は日量19万バレルと予想した。

今年下期の北海ブレント価格については、マクロ経済見通しの改善などを踏まえ、1バレル=70ドルに維持した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。