記事

YouTubeのファクトチェックはどこまで必要なのか。今の時代だからこそ求められるメディアの役割。

1/2

テレビスターが YouTubeで成功

 オリエンタルラジオ中田敦彦さんの YouTube大学が炎上している。中田さんは、現在教育YouTuberとしてチャンネル登録者数100万人以上を誇り、YouTube界に新たな風穴をあけた。私は中田さんをめちゃくちゃ尊敬しているし、憧れている。中田さんは毎日受験勉強のように、本を読み込み込み、動画にしている。政治などタブーにも切り込んでいる。原発や消費税増税などのテーマもあり、私の『政治の絵本』についてもご紹介してくださった。

https://www.amazon.co.jp/dp/4335460406/

フェイクニュースが多いと大炎上

 そんな中、中田さんの動画はフェイクニュースが多いと炎上してしまった。とても残念だ。でも、私はいつかこうなってしまうなと予測していた。



動画を拝見すると、私でも気づく間違いがちょくちょくあり、専門家からしたら、「ちょっとなんだよ、これ」と指摘したくなる気持ちも分かる。ただ、中田さんのファクトチェックを問題視する元記事を見たら、「悪意」を感じた。なぜなら、今 YouTube界はもっとひどい。少し規制がかかってきたが、いまだに差別やハラスメントを楽しむ動画や悪意のあるフェイクニュース動画に溢れている。中田さんの間違い動画よりも、悪意に満ちた動画や社会を悪くする動画がたくさんあるということを言いたい。

twitterもそうだが、気軽に発信できる世の中において、SNSの負の側面から目を背けてはならない。評論家の宇野常寛さんとお話しした時に、「SNSは免許制にすべきでは」というご意見を伺ったが、皆が発信すれば万歳というのは、少し楽観視しすぎていたかもしれない。

新聞やテレビを見ないのが当たり前の若者たち

 私が YouTubeをはじめた理由。それは、私が普段学校に出張授業にいく中で、学生がテレビも見ない、新聞もとっていないという現状を知ったからだ。ニュースは見るけどラインニュースで芸能ニュースをよく見るという話を聞き、少しぞっとした。テレビが若者にアプローチしなかった、そして新聞はじめ、報道機関がニュースを知る大切さを伝えなかったことの罪は深い。そして、若者に数あるエンタメの中からニュースと接触する機会を増やしたいと思い YouTubeを始めた。そして今 YouTube上にある変な動画に惑わされないでほしかったからだ。



SNSはフェイクニュースに溢れている

 先日、荻上チキさんに YouTubeにご出演いただいた。理由は、荻上さんがラジオで YouTubeを始めた理由を熱く語られており、私と志が同じだったからだ。今 YouTubeの動画はひどいものも多い。例えば、「セクハラ」で検索すると、セクハラドッキリしてみたというものや、テレビの過去の男性芸能人が女性タレントにセクハラしているものを違法アップロードしているケースが多く見られる。「セクハラの対処法」というような動画は上位50の動画には1本も含まれていない。このようなことに問題意識を持ち、YouTubeで良質なコンテンツや意義のある動画を届けたいという思いが荻上さんと一緒だった。



そして、私は昨年の12月から TikTokの 事務局からニュースの解説動画をしないかとお声かけいただき、はじめたが、更に驚いた。1分で「ためになる」動画をあげている人の多くがエビデンスがなさそうだった。全部を見た訳ではないので、もちろん分からない。1つ例を挙げると、公式マークのついた男性が「卒論が間に合わない学生は、代行業者がある」というのを説明していた。これがためになっていいのだろうか。公式マークがついていいのか。

すぐさま、事務局のスタッフさんに報告を私は入れた。フェイクニュースや倫理観がまるでない。テレビでも間違った情報が流れることはあるが、個人が作る世界観はもっとひどいと感じた。しかし、私が真面目に性教育の動画などを作っても、 YouTubeのアルゴリズムで広告不適切動画と警告が出たり、セクハラドッキリ動画の視聴回数に中々追いつかず、歯痒い思いをしていた。

教育、政治系の YouTubeに革命をおこした中田さん

 そんな中、オリエンタルラジオさんは1年もたたずして100万人を超えた。テレビで敬遠されがちなテーマにも挑み、タブーなどもなく素敵だった。私は中田さんが私の本『政治の絵本』をYouTubeでご紹介くださったので、御礼の連絡と思い切って「 YouTubeにご出演いただけませんか」とお願いしたところご了承いただいた。そこで、中田さんは社会をよくしたいという思いがめちゃくちゃおありなのかと期待していたが、中田さんは面白いからやっているということが分かった。 YouTubeはテレビの歴史をトレースしている。テレビもヘキサゴンや世界一受けたい授業などが後発で始まり、 YouTubeも教育が来ると思ったから始めたとおっしゃった。この人は分析力の天才だと思った。



コンテンツ・プレゼン力で勝負している

 そして、今フォロワーを増やすために、コバンザメ感の強い人が多かったり、「あなたもお金を稼げる」と必要以上に訴える人が多かったり、後付けのニセのストーリーを仕立てるのが上手な人が多い中で輝いてうつった。池上彰さんの本を参照していると言いながらも、「コンテンツで勝負している」からだ。そして嘘をつかない。適当な美辞麗句を並べてストーリーを話すこともできるが、中田さんはそれをしない。

生き方が下手な人なんじゃないかと、だから人とぶつかるのではないかと勝手に先輩のことだけど私は分析している。私のことを正義の人だからすごいとか言ってくださりながら、私のような付き合っても得しない後輩に対して、全力で向き合ってくださる。人格者だと思う。カジサックさんや、弱小ながら私のチャンネルもチームで動いているのに対し、中田さんのチャンネルは、めちゃくちゃ少ない人数で動いているのではないかと推測している。それは中田さんの能力と努力の賜物でしかない。

それによって、政治に興味のない人が関心を示している。これは中田さんのプレゼン力があるからできることだ。毎日30分の授業を提供するなんて、尋常じゃない。こんな人がいる世界で私は戦っているのか。引退せねばならないと中田さんの動画を見るたびに思うのだ。



ファクトチェックが甘い。しかし、それを認識している。

 しかし、ファクトチェックが甘いのは事実だろう。というか、そこまで本気でする意図が本人にはないと思う。「コメント欄も含め、皆で作る」ということを公言されているからだ。同じく芸人で社会派の問題を扱う「せやろがいおじさん」も、自分の作品が完成系ではなく、皆で作っていきたいとおっしゃっていた。せやろがいおじさんとも YouTubeで対談したので、近日動画を公開します。コメント欄で作品を作るのは、ある社会問題の解決策を探るという点では、私は有効だと思う。しかし、情報に間違いがあることをできるだけ減らす努力が必要だとも考える。



ニュースキャスターを務める「ふかわりょう」さんの見解

 ちなみに、ニュース番組のコメンテーターやキャスターをつとめる、ふかわりょうさんはabema TVでこのテーマを扱った際に「一般論として、公の場で何かを話す時に、知ったかぶりや身の丈に合っていないような発言をしたために大怪我をするというのは、表現者が成熟する過程で学ぶものだと思う。ただ私の中では、少なくとも宗教を扱う場合は相当の覚悟を思って臨むべきだという感覚がある。そこで単純な間違いなどが出てしまっているとなると、楽しませたいと意図と覚悟とが釣り合っていないのではないかと思う」と厳し目のご発言をされていた。かなり慎重に普段は発言しているのかもしれない。テレビ出演と政治的発言をどうバランスをとっているのか、私はふかわさんに聞いてみたい。ので、今度の単独ライブで伺います。あとチケット30枚ほどなので、ぜひご来場下さい。

● 第12回たかまつなな単独ライブ
 https://takamatsunana12.peatix.com/view

あわせて読みたい

「中田敦彦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  8. 8

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。