記事

白川日銀総裁は任期中にデフレ脱却ができなくても何も責任を感じないのか

日銀は12日の金融政策決定会合で追加の金融緩和を見送った。この決定に市場は失望し、12日の日経平均株価は6営業日続落。下げ幅は130円を超えた。

日銀の白川総裁は、決定会合後の記者会見で「現在も間断なく強力な金融緩和を進めている。効果の波及には時間がかかる」と説明したが、理由になっていない。日銀は、2月にデフレ脱却の目標として1%のインフレ目標を掲げ、強力な金融緩和を進めると表明、事実、2月と4月に追加緩和に踏み切った。しかし、12日、日銀は2012年の物価上昇率見通しを4月時点の0・3%から、0.2%に引き下げ、13年度は0・7%に据え置いた。1%のインフレ目標達成は14年度以降になるとの見通しである。

白川総裁は、自らの任期期間中のデフレ脱却は諦めているようだ。自分の任期中にデフレ脱却ができないことについてどういう責任を感じているのか。多分、何の責任も感じていないことだろう。デフレは自分の責任ではないと考えているのだろう。

日銀にはデフレ脱却の意思なしというしかない。日銀法改正により、金融政策の目標を日銀にも共有させ、目標が達成できない場合の責任を明確にしたほうがいい。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。