記事

岩井志麻子氏『5時に夢中!』発言の裏側 当事者の思いは?

岩井志麻子氏の発言から何を読み解くか(『5時に夢中!』HPより)

 1月9日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)で作家の岩井志麻子さんが発言した内容が注目を集めています。その内容が一般化できる話ではないことは重々承知しているものの、「飲み会の支払いに関して、お礼の気持ちや申し訳ない気持ちを抱いたら、いかに対処すべきか」という重要な示唆を含んでいたため、紹介します。(文/中川淳一郎・フリーライター)

 岩井さんは番組内で「乳首の値段」について発言しましたが、これは実に示唆に富んだものでした。「おカネ問題をいかに自分の人間力で解決するか」というものになっていたからです。それを解説していきましょう。

 岩井さんの発言が飛び出したコーナーは「夕刊ベスト8」で、その日の気になったニュースをランキング化するものです。1位になったのは、「性の近況『引っ越す隣の美人が唇にチュー』70歳男性」(サンケイスポーツ)でした。このテーマを受けて、以下、岩井さんのトーク書き起こしです。

〈想像を超えたところに本心とか真理があったりするんですよ。去年ね、仲良しのアーティストのろくでなし子ちゃんがちょっとアイルランドから帰ってきたので、何人かのお友達と人気のライターの中川淳一郎さんとご飯を食べたんですよ。中川淳一郎さんが先に帰らなくてはいけなかったので、「あっ、これ、僕の分」ってお金を置いていこうとしたんですけど多めなんですよ。

「こんなにもいらないよ、中川さんそんなにも食べてないし」って言ったら「いいのいいの」って置いて行こうとしたから「見て下さい!」って私、乳首出したの。中川さんに向けて。もう出さずにいられなかったのよ。2万円とか1万円とかを。1万円!(右の胸を指さす)、1万円!(左の胸を指さす)って。

 中川さんとしては嫌がらせをされたとかセクハラされたとかね、「なにされたんだー!」ってなってるかもしれませんけど、多めに置いていったお金の分を乳首で返さずにはいられなかったんですよ〉

 はい、ここで岩井志麻子さんから乳首を見せられたのは私です。上記の発言内容について、乳首を見せられた側の視点で振り返るとともに、補足をいたします。私はこの時、東京・新宿の個室居酒屋(しかも他の部屋からかなり距離がある)で岩井さんとろくでなし子さん、そしてもう一人の女性と4人で飲んでいたのですが、のっぴきならぬ事情で中座せざるを得ませんでした。

 というのもその後、私は仕事関係で重要な会食をこの店の近くの中国料理店で開催する、という状況にありました。私としてはまだまだ一緒に飲んでいたかったのですが、人生の重要局面でもあったため、お三方に対して「スイマセン! オレは今から人生の重要な岐路の面接的なことをやるので中座します!」とお伝えしました。

 元々この個室を選んだ理由は、“我々が徹底的に猥談をし続ける”ということがわかっていたからでしょう。予約していただいたのがどなたかは分かりませんが、岩井さんがいるとなれば、猥談のオンパレードになるわけです。だからこそ、周囲に他の客がいた場合は「あの人たち、本当に下品ね! キッ!」みたいになるため、恐らく岩井さんがこの部屋を予約してくださったのでしょう。

 それだけ岩井さんは常識的な方であり、「私が猥談をする自由はあるけど、それを不快に思う方の気持ちも理解する」とお考えになったと思います。岩井さんという方は、ご自身の猥談は嬉々として語るものの、決してその場にいる人に猥談を強制することはありません。

 あくまでもご自身の話を基として楽しい会話を繋ごう、そう考えているため、「私は猥談を強制された!」みたいな話にはなりません。この時は、10代の頃からのエロ遍歴を嬉々として語ってくださり、我々は常に「ガハハハハ」と笑い続けてきたのですが、私も自分の人生にとって超絶重要な「面接」が控えていました。

 だからこそ「スイマセン、今から私は『面接』的なことをやらなくてはいけないので、ここを出なくてはいけません」と後ろ髪を引かれる思いでお三方に伝えました。

◆2万円を支払ったら…

 この店はそこそこ高級店のため、19時開始、20時40分の中座段階でまぁ、1人あたり7000~9000円ぐらいはいってるかな、と思いました。ただ、3人がこのまま飲み続ける可能性はあったため、さらにお金はかかるかもしれません。

 だからこそ私は2万円を出しました。そこで3人の女性は「中川さん! 2万円なんて多過ぎよ! 1万円でいいですよ! というか、1万円でも多いかもしれません!」と言いました。

 私としては、仮に平均したら7000円だったとしても、先に中座して場の空気を乱してしまったことのお詫びとして私が多めに払うのが「筋」かなと思いました。何しろ楽しかったからですね。

 2万円を出したのですが、岩井志麻子さんは「う~ん、中川さんね、悪いわね~」と困惑した表情を浮かべていましたが、「ひらめいた!」といった表情を浮かべるやいなや「中川さん、見てください!」と言い、いきなりシャツをめくり、右側の胸を出しました。そして、その数秒後、左側の胸も出して「これ、一つ5000円ってことで合わせて(差額の)1万円ってことで!」と言いました。

 岩井さんとしては、自分よりも食べ物を多く食べていない男が多くカネを払うことについて恐縮したのでしょう。その時に「私ができることは何だろうか……」と考えた結果、「乳首を出す」→「いや、さすがに1個1万円は高すぎるかな……」→「1個5000円ということで2個が妥当か…」という判断に至ったのだと思います。

 岩井さんは『5時に夢中!』では「私はセクハラをしたかも」的なことをおっしゃいましたが、全然そんなことはありません。むしろ岩井さんの乳首を拝めて本当に私は冥途の土産となりました。

 番組を観た知り合いの女性からは「岩井さんの『せめて何かで返礼を』のお気持ち、よく分かります。それがお菓子などではなく、乳首であるところは真似できませんが(笑)」と岩井さんの行動原理には同意する部分があったようです。

 かくして、自分にできる精いっぱいの気持ちをどう表現するか、ということを岩井さんからは学びました。それは「自筆の手紙を書く」でもいいですし「次回会う時は地元のおいしいお菓子(安くてもいい)を持参する」とかなんでもいいのです。お金の面で厚意に甘えるようなことがあったら、とにかく相手に感謝の気持ちを誠意を込めて伝えるのが重要なんだな~、と思いました。

あわせて読みたい

「岩井志麻子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。