記事

コンビーフはやっぱり台形に限る

1/2
2020年1月15日「ノザキのコンビーフ」の公式ツイッターが、長らく親しまれてきたコンビーフ特有の独特な形の缶詰「枕缶」での販売を終了するという内容をツイートして話題となった。(*1)
なお、新パッケージは「アルミック缶」という柔らかく、フタがシール状の容器になるようである。

僕はそれほどコンビーフ大好きというわけでもないが、スーパーで見かけてはいるし、酒のつまみにしたり、サンドイッチの具にすることもある。
今回、終了してしまう枕缶を開けるときの、あの鍵に缶の端を差し込み、缶をくるくる巻いていく行為は、コンビーフを使うときにしか味わえない、ちょっとした楽しみだった。それが無くなってしまうのだ。

ネットで話題になったことで、ちょっとした買い占め騒動も起きた。
とは言っても、枕缶が無くなるだけで、コンビーフ自体が終売するわけでは無いので、メルカリで定価よりも高い価格での転売が見られた程度である。(*2)
ノザキも注意喚起を行っているが、現在の流通分を含めれば、まだお別れまでの時間はそこそこありそうだ。

しかし、コンビーフを販売するブランドはノザキだけでは無い。他のブランドではまだ枕缶が生き残るのでは無いかと思ったのだが、明治屋は2012年から柔らかいタイプの容器に変わっている。(*3)
K&Kは今も枕缶だったはずだとサイトを確認すると、こちらも今年からアルミック缶にリニューアル(*4)をするそうで、昭和、平成と続いた枕缶を令和の時代に見ることはできなくなる。(*5)
ノザキのツイートでは「製缶等製造ラインが限界」とあることから、枕缶の機械を製造すること自体が産業的に成り立たなくなり、ラインを整備できるだけの技術環境も無くなってしまったのだろう。

あわせて読みたい

「食品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  5. 5

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  6. 6

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  7. 7

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  8. 8

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  9. 9

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

  10. 10

    GoTo まと外れの政府説明に呆れ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。