記事

「中国人差別発言」の火消しに追われた東京大学が掲げる「差別のない社会」の矛盾

1/2
BLOGOS編集部

中国人に対する差別発言や陰謀説など「可燃性の高い」発言を連発したことで、2019年11月ごろに大きな非難を招いた東京大学大学院特任准教授である大澤昇平氏のことを覚えている人は少なくないだろう。大澤氏は本件により、2020年1月15日付でとうとう東京大学を懲戒解雇されることになってしまった。

人の噂も七十五日という。この一件が風化してしまう前に、本件が世に問いかけた「矛盾」について書き残しておきたい。

東京大学憲章では、「東京大学は、構成員の多様性が本質的に重要な意味をもつことを認識し、すべての構成員が国籍、性別、年齢、言語、宗教、政治上その他の意見、出身、財産、門地その他の地位、婚姻上の地位、家庭における地位、障害、疾患、経歴等の事由によって差別されることのないことを保障し、広く大学の活動に参画する機会をもつことができるように努める」と言明しております。

-----
東京大学大学院情報学環・学際情報学府『学環・学府特任准教授の不適切な書き込みに関する見解』(2019年11月24日)より引用 http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/news/2019112411004

たしかに、大澤氏の一連の不規則発言はまさしく「差別」ととらえられるものであるし、社会的にけっして褒められたものでもないだろう。しかしながら、そもそも本人は「(AIの進歩によって)なぜ差別してはならないのかを再考しなければならない時代が来る」という主旨の発言もしているので、一連の発言について「失言をしてしまった」とか「差別ととられたくない」といった反省的なニュアンスはとくになかったのかもしれない。

東京大学はその声明文のなかで「国籍はもとより、あらゆる形態の差別や不寛容を許さず、すべての人に開かれた組織であることを保障いたします。」と書いている。これについて、多くの人からは、大澤氏の言動には断固として批判してほしかったとしながらも、納得の声が上がっている。

東大が掲げる「差別のない社会」の内実

まったく嫌味でもなく煽りでもなく、しかしつねづね考えることがある。「あらゆる形態の差別や不寛容を許さず、すべての人に開かされた組織」であるならば、なぜ東京大学は知的障害者が入学できないのだろうか――と。

共同通信社

あるいは「知的障害」だけではなくて「学習障害」「読み書き障害」など学力の低下に結びつきやすい障害を抱える人、もっといえば「なんらかの障害や診断名がついているわけではないが、生まれついて机上学習が苦手な人」が、なぜ入学できないのだろうか。

東京大学が文章で掲げる「差別のない社会」の内実とは、社会の成員が「国籍、性別、年齢、言語、宗教、政治上その他の意見、出身、財産、門地その他の地位、婚姻上の地位、家庭における地位、障害、疾患、経歴等の事由によって差別されることのないこと」である。ここに「能力」の二文字はない。

繰り返し嫌味ではなく素直に疑問であることを強調しておくのだが、「すべての人に開かれた組織であること」と「(学力的な)能力に劣っている人を受け入れないこと」とは、両立する論理なのだろうか。

もちろん、こうしたセクションにおいて「これは差別ではなく区別」とか「教育機関である以上、学力による選別には合理性がある」などといった種々のエクスキューズが繰り返し用いられていることは了解している。だが、建前がどのようなものであれ、そうした方便を用いるだけで、背反する論理の同居を正当化できてしまえるのだろうか。「くだらない屁理屈だ」と思う方は、ここで読むのをやめてもかまわない。この後もそうした「屁理屈」に終始していくつもりだからだ。

最後に残る「やってもよい差別」

もちろん東京大学に限ったことではない。他の大学でもそうだし、あるいは企業でも同じことがいえるだろう。総合職の雇用が女性にも開かれる時代になったが、だからといってすべての人に差別がないわけではない。入社試験なり面接なりで能力が厳しく見定められる。コミュニケーション能力や事務処理能力に劣る人は採用されない。

共同通信社

「あらゆる差別のないことを目指す社会」においても、結局のところ無能には容赦のない差別が待っている。もっとも、これらもまた「差別」ではなく「経済活動の自由」とか「機会の平等」という別の名称があたえられるのだが。かりに将来的に、すべての人間の人権感覚があまねく完璧にアップデートされ「あらゆる差別のない社会」が実現したとしても、その社会には「(学習能力・事務処理能力など)能力による序列化」だけは歴然として残ることになるのではないだろうか。

すべての人が差別に苦しまなくなったとしても、能力だけは「してもよい差別」「せざるをえない差別」としての暗黙の合意が敷かれ、存続させることに人びとが合意する。なぜなら私たちの社会は「能力の序列化」を前提にした設計で成り立っているからだ。私たちは「能力の序列化」によって生じる社会システムの便益の享受者でもあれば、同時に被害者でもある。私たちは差別者でもあり、同時に被差別者でもある。

――大澤氏の差別的な発言に憤り、批判する人のなかにも、勢い余って彼の「非正規」的な肩書について嘲笑する人もいた。それはまさに「やってはいけない差別」と「やってもよい差別」の差を象徴しているようにも見える。

「あらゆる差別が解消され、すべての人に開かれた社会」にとって、なぜ「能力による序列化(能力差別)」が残されるのか。たとえばこの部分をなくしてしまうと、この社会を運営するのになくてはならない「だれもやりたがらないが、しかしだれかにやってもらわなければならない役割・仕事」にだれも就かなくなってしまうからだ。

あわせて読みたい

「東京大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  7. 7

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  8. 8

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  9. 9

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

  10. 10

    安倍首相 黒川氏の退職金は減額

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。