記事

「心をひとつに、全員団結!」炎上した五輪キャンペーンとそっくり? 戦時下“動員ポエム”の世界 - 辻田 真佐憲

 今年開催なのに、いまだ悪評が絶えない東京オリンピック。先日も、日本オリンピック委員会(JOC)の「がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト」が、国民全員に五輪への参加を強要していると批判され、炎上した。

 なるほど、そのネーミングセンスは戦前並だったが(ちなみに、北朝鮮にも「一心団結」という有名なスローガンがある)、それ以上に、公式サイトに掲載された「ポエム」が強烈だった。

 それは、「みんなが待ち望んだ、東京2020オリンピック」という虚偽の前提にはじまり、「じっとしていても、何もはじまらない」「オリンピックに参加しよう」と呼びかけ、「あなたの中で何かが変わる」「ものすごい力が生まれる」という謎の精神論に展開したうえで、「心をひとつに、全員団結! さあ、いくぞ。がんばれ!ニッポン!」との叫びで締めくくられているのである。

公益財団法人日本オリンピック委員会HPより

戦時下の「動員ポエム」を思い起こさずには……

 実質的には動員の呼びかけなのだが、自発的な参加をたくみに偽装している。筆者は、これで戦時下の「動員ポエム」を思い起こさずにはおれなかった。


敵アメリカの戦意と戦力は頂上に達してきたぞ
我々はどうだ
今年こそは生やさしい年ではない
坐して戦ひに勝てようか
心も物もなほ一層締めてかゝるのだ 誰が
それは僕なのだ、君なのだ、あなたなのだ

政府広報誌と「動員ポエム」

 上掲の「動員ポエム」は、『写真週報』1943年1月6日号の「時の立札」に掲載されている。

『写真週報』は、日本政府が発行した週刊のグラフ誌である。日中戦争下に創刊され、アジア太平洋戦争時には平均約30万の部数を数えた。

 その狙いは、1938年2月23日号の「映画を宣伝戦の機関銃とするならば、写真は短刀よく人の心に直入する銃剣でもあり、何十万何百万と印刷されて散布される毒瓦斯(ガス)でもある」との一文によくあらわれているとおり、プロパガンダだった。

「時の立札」は1941年11月5日号よりはじまった表紙裏のコーナーで、はじめはニュースを載せていたが、アジア太平洋戦争の開戦を受けて間もなく、このようなポエム――本稿はこれを「動員ポエム」と呼ぶ――をほぼ毎号全面に掲示するようになった。

 政府は、「時の立札」のページを切り取って、学校や役場の掲示板に張り出すことを推奨した。

 このため、当時のひとびとは「動員ポエム」を常に目にしたわけだが、通して見ると、その本質が浮かび上がってくる。それは、日本の問題点がかえって露呈していること、これである。

「全員団結」は「巻き込まないで」の裏返し

 たとえば、つぎの「動員ポエム」をみてみよう。これは、日本が東南アジア地域を占領してしばらく経ったころのものである。


血をもつて獲得した南方は
靴屋でも、洋服屋でもない

南方は今日も、なほ戦場の心を
心としてゐる

南の最大の魅力は建設への
ひたむきな努力、これだ
(1942年11月18日号)

 ようするに「南方の資源を当てにするな」といっているわけだが、ここからは、「これでやっと靴や洋服が手に入る」との楽観論が当時の日本に広がりつつあったことが読み取れる。

 本当に挙国一致している国に、挙国一致のスローガンは必要ない。たびたび強調されるスローガンは、かえってその国の不足部分を映し出している。

 そのため五輪キャンペーンの「全員団結」も、「参加したくない、巻き込まないで」という声が無視できないレベルで存在していることを物語っているといえるだろう。

 したがって、つぎの「動員ポエム」も、むしろ「物が乏しい」「生活がきびしい」との叫びを読み取らなければならない。


物が乏しいのが
生活がきびしいのが
日本人わたしたちに
それほど苦痛だらうか

大君に仕へまつる と
御国を愛す と
生活の中に敵撃滅を営む
それだけで
日本人わたしたちはこよなく豊かに幸多いのだ
(1944年2月2日号)

「一をもって百千に当るのが日本人のやりかただ」

 資本や物資がない。それでも動員をしようとすると、いつの時代も、ブラック企業やブラックアルバイトでお馴染みの、精神主義的なスローガンが跋扈してしまう。

 開戦当初より物資の不足に悩まされ、大国アメリカの生産力に怯えていた戦時下の日本もそうだった。その不安が、つぎのような「動員ポエム」となって結実した。「頭数だけ並べ」るのは「米英式」であり、「一をもって百千に当る」のが「日本人のやりかただ」というのである。


一をもって百千に当るのが日本人のやりかただ
頭数だけ並べて仕事をしようなんて、それは米英式だ
量よりも質、より磨かれた技術、生産の方法にも新工夫を
自分で出来る仕事は他人にまかせるな
遊んではゐられないぞ
舞台は広くなったのだ、もっとゝ、人が要るのだ
(1942年6月10日号)

 勝っているときでこれなのだから、あとが思いやられる。実際、約9ヶ月後には、「水と砂と筵と闘魂」でルーズベルトに一泡ふかせるところまで一気に突き進んだ。


『太平洋戦線のもつとも重要な作戦は
日本自身の空の上に展開されるであらう』と
ルーズヴェルトがわめいてゐる
待つあるを恃むわれらに
何の威嚇となるだらう
われらの水と砂と筵と
闘魂とで
見事に一泡ふかしてやらう
(1943年3月3日号)

「ふかしてやらう」と、全員の参加や行動を呼びかけているところが、この手のポエムのポイントだ。「さあ、いくぞ」と叫ぶ「五輪ポエム」に違和感を覚えたひとの感性は、それゆえ健全である。

 それにしても、「水と砂と筵」とは。たしかに、当時空襲にはこれらで対処することになっていたが、ルーズベルトに一泡ふかせるのであれば、せめて迎撃機や対空砲を持ち出して欲しかった。

 とはいえ、打ち水やアサガオで暑さ対策をしようとし、やりがいで無償ボランティアを動員しようとしている、東京五輪もこれと大差ないのだから笑えない。

もっとすごい「五輪ポエム」があらわれる?

 今年の東京五輪は、さまざまな取り組みにより、結局夏に向けて気運が高まるだろう。

 だが、こうも考えてみたくなる。もしまったく盛り上がらなければ、現代のコピーライターはどんな新しい「五輪ポエム」をひねり出してくるのだろうか、と。

 1943年3月10日号の「動員ポエム」は、そのヒントになるかもしれない。


撃ちてし止まむ
撃ちてし止まむ
撃ちてし止まむ

 これだけでは、単なるスローガンの連呼にすぎないが、この日の「時の立札」は、その文字をだんだんと大きくすることで、叫び声がこだまするような、独特の視覚効果を獲得している。

 イメージがよくわかなければ、電車の中吊りに「全員団結! 全員団結!! 全員団結!!!」と記されているのを想像してもらえばよい。まるで刷り込まれるような不気味さ。こういうタイポグラフィの活用もなかなか無視できない。

 あるいは、感動と涙を押し出した定番のものも考えられるだろう。もちろん「動員ポエム」にもそういう例があった。最後にこれを引いておこう。


『後のことは引受けました。御心配なく
立派に戦つて下さい』
あなたが はつきりさういつて
送り出した勇士の家に 若し
不安の陰を投げかけるやうなことがあつたら
勇士は哭きますぞ
(1943年4月21日号)

 利害関係者が泣くのは勝手だが、やはり「全員団結」は御免被りたいものである。

(辻田 真佐憲)

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  2. 2

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  3. 3

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  4. 4

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  8. 8

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  9. 9

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  10. 10

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。