記事

なぜ役人は無意味なクソ仕事に一生懸命なのか

1/2

官僚が「ブルシット・ジョブ」(くだらない意味のない仕事、どうでもいいクソ仕事)に勤しむのをやめさせるにはどうすればいいのか。政治社会学者の堀内進之介氏は「“どうでもいいクソ仕事”をしているなら、まだいい。むしろ批判を受けて官僚が『人間的』に働くようになれば、より酷い官僚制が生まれるだろう」と指摘する――。

※本稿は、堀内進之介『善意という暴力』(幻冬舎新書)の一部を再編集したものです。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/fermate

「2030年までに1日3時間労働が実現する」はずが…

少し前から、AIが人間を超えるだとか、そのために仕事がなくなるということが話題になっている。しかし、そうした議論の多くは、人間の能力の一部を取り出して、それを、まるで「人間」そのものであるかのように見なして、機械が人間に勝った、いや人間の方がまだ機械より優れている、と言っているに過ぎない。

そもそも「人間とは何か」が十分に定義されていないのに、人間を超えるとか超えないとか言うのは、論理的にはナンセンスだ。それよりは、こうした議論が必要とされる社会的な背景や、歴史的文脈を考える方が、まだ実りが多いはずだ。

将棋やチェスももちろん素晴らしいが、戦争やテロ、環境汚染や差別、難民の受け入れや富の格差、ヘイトスピーチを減らすことについて、AIを社会に実装することで何が可能かを考えてもよいだろう。実際、機械と人間の対決となると、チェスや将棋、囲碁といった、元々神意を占う盤上遊戯になるのはどうしてなのか、超能力者が曲げるのが、いつも決まってスプーンであるのと同じくらい不思議なことだ。

経済学者は、社会学者と同様に、しばしば、当たらない予言をする人だと思われている。1930年、ちょうどルーズベルトによるニューディール政策が行われ始めた頃だ。経済学者ジョン・メイナード・ケインズは、2030年までには、技術の発展によって英米のような自由主義の先進国では、1日3時間だけ働けばよくなり、週15時間労働が達成されるだろうと予言した。ところが、実際には、そうならなかった。どうしてか?

数々の「クソみたいな仕事」はなぜ生まれたのか

社会人類学者のデヴィッド・グレーバーは、その著書『Bullshit Jobs:A Theory(ウンコな仕事――いらない仕事の理論)』(Allen Lane、2018)で「技術は、むしろ、もっと人々を働かせるために利用され、くだらない無意味な仕事が次々と生み出された」と主張している。

グレーバーによれば、20世紀に増えたのは管理系の仕事だ。新しい情報関連産業である金融サービスや、テレマーケティングなどが創出されただけでなく、専門職、管理職、事務職、販売職、サービス職といわず、会社であれば法務、大学の管理や健康管理、人事、広報など、広い意味での管理部門が膨れ上がったというのだ。

彼の意見では、受付係やドアマンは、顧客に自分が重要な人物だと思わせるために存在している「太鼓持ち(Flunkies)」なのだそうだ。さらには、雇われて攻撃的に活動するロビイストや企業弁護士、広報担当は「雇われ暴力団員(Goons)」、中間管理職は「ムダな仕事製造係(Task Makers)」だと評するのだから、手厳しい。

グレーバーが不要だという職業が、本当に不要かどうかはともかく、彼は二つ重要な指摘をしている。一つは、保育士や看護師といった、彼に言わせれば「意味のある仕事」をしている人の賃金が低過ぎること。もう一つは、こうした社会システムが「悪い」資本家や政治家などによって意図的に設計されたわけではなく、無策によって出現したということである。

大量の書類仕事が官僚制化を進めている

さらに興味深いのは、こうした「ブルシット・ジョブ」(くだらない意味のない仕事、どうでもいいクソ仕事)が本人たちにとっても、そのように思われているという指摘だ。グレーバーによると、イギリスの有力な調査会社YouGovの調査では、労働者の50パーセントは「自分の仕事が有用だ」と考えている一方、「社会に対して意味のある貢献をしているとは思っていない」が37パーセント、「わからない」が13パーセントという回答結果であったという(「アナキズム、仕事、そして官僚制―― デヴィッド・グレーバーへのインタビュー」『現代思想』2018年6月号)。

ここで、問題にされているのは、膨大な書類作りなどの事務仕事だ。彼の主張に首を傾げる人も、管理するための仕事が増えて書類ばかり作らされている、という現状認識には同意するのではなかろうか。グレーバーは、こうした大量の書類作りを「全面的官僚制化」(『官僚制のユートピア――テクノロジー、構造的愚かさ、リベラリズムの鉄則』邦訳 以文社、2017)と呼んでいる。

「官僚制が非効率だ」とか「非人間的で融通が利かない」といったタイプの官僚批判は、これまでも繰り返し行われてきた。ここで考えてみたいのは、どうして、そうした批判にもかかわらず、官僚制はいっこうに改善されないのか、ということだ。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  4. 4

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  5. 5

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  9. 9

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  10. 10

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。