記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:AirPods Proを襲った悲劇。品薄が続くその裏で何が起こったのか、音質レビューとともに不具合や改善状況などを解説【コラム】

1/2

AirPods Proのレビューと不具合の現状についてまとめてみた!

10月の発売以来、異例とも呼べる超品薄状態が続いているApple(アップル)の完全ワイヤレスイヤホン(TWS)「AirPods Pro」、みなさんは購入できましたでしょうか。このコラムを書いている1月17日現在でも、アップルの公式オンラインストアで注文すると、発送日は2月18日と表示されます。一部報道では昨年末から中国サプライヤーによる増産が行われているとのことですが、その効果は今のところあまり実感できません。

これほどの品薄状態を引き起こす人気となった背景には、当然ながら「アクティブノイズキャンセリング」機能があります。他社のTWSではすでに数機種で実装されていた機能ですが、アップル純正である安心感やiPhoneなどiOS機器との相性の良さから、長らく待ち望まれていた機能でした。

筆者は自他共に認めるAirPods信者でもあり、従来機種の使い勝手の良さに惚れ込んでいたことからすぐに購入しましたが、実はそこからが長く険しい道程の始まりでした。結論から言ってしまえば、期待していた通りの満足感は得られなかったのです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はAirPods Proの音質や使い勝手のレビューとともに、筆者を悩ませ続けた数々の不具合を解説します。

as-111-002
AirPods Proに一体何が起きたのか

■感動の一言だったファーストインプレッション

以前執筆したAirPods Proの開封レポートでは、記事の速報性を重視して音質評価を後回しにしました。本来であればその後すぐに音質レビューを行う予定だったのですが、ここからがとんでもない“すったもんだ”の始まりだったのです。

まず音質ですが、素直に「良い」と言えるレベルでまとまっています。ドライバーユニットに従来機種で採用していたバランスド・アーマチュア型(BA型)ではなくダイナミック型を採用したことで音の「角」が取れ、非常になめらかで柔らかい音質となりました。

BA型とダイナミック型の音質の好みは個人差が大きく、よりメリハリの効いたBA型が良い、という人もいるでしょう。しかし従来機種となるAirPodsで採用されていたドライバーユニットは特別音質が良いというものではなかったことから、街の雑踏の中や電車の車内などで音楽を聞こうとすると、騒音に負けないだけの音量に上げると高音域が耳に刺さるような感覚がありました(とくに第2世代AirPodsで顕著だった)。

その点、AirPods Proはアクティブノイズキャンセリング機能のおかげで必要以上に音量を上げなくてもよくなり、ダイナミック型の特徴でもある低音域から高音域まで非常にバランスの良い音質を楽しめるようになったのです。

as-111-003
際立って高音質というわけではないが、ダイナミック型らしい非常にフラットで快適な音響バランスだ

ノイズキャンセリング効果も絶大でした。街の中で初めて使用した時の感動は忘れられるものではないでしょう。耳に装着した瞬間に街の雑踏が「フ……」と溶けるように消え、まるで静かな図書館の中に佇んでいるような錯覚に陥ります。

そして音楽が自動的に流れ始めるさまは映画のワンシーンのようです。夕暮れ時の公園を歩きながらジャズを聴いている時など、心の底から「買ってよかった」と感じました。

as-111-004
街で音楽を聴くのではなく、音楽が街を彩る、そんな感覚だ

使い勝手も従来のAirPodsを踏襲した「耳に着けるだけ」という簡単さで、嘘偽りなくほんの数秒で装着が完了します。煩わしいケーブルもなく、ケーブル由来の擦れノイズにも邪魔されません。

カナル型となったことから装着時のホールド感も向上しているため、従来型のAirPodsで「落としやすそうだ」と警戒していた人も安心して使えるようになったと思います(ちなみに筆者は従来機種も含めて一度も落としたことはない)。

若干不親切だと感じたのは設定画面でしょうか。実はAirPodsシリーズには設定画面があります。単にiPhoneなどの設定画面を開いただけでは見ることが出来ません。AirPodsシリーズをiPhoneなどに接続した状態で設定画面の「Bluetooth」を開き、接続しているAirPodsのインフォメーションアイコンをタップすることで設定画面が出現します。

as-111-005
まるでゲームの裏技のような設定画面表示方法だ

この画面ではAirPodsの操作方法以外にもアクティブノイズキャンセリング機能を「オフ」にする設定なども行え、外部音取り込みモードとともに状況によって使い分ける幅が広がります。またイヤーチップのサイズが耳に合っているかテストすることも可能です。

こういった細かな設定画面も使いこなすことで、AirPods Proは本当に便利で快適なTWSとなります。正直、AirPods Proを使い始めると従来機種のAirPodsは使えなくなるほどの快適さでした。

■次から次へと襲いかかる不具合の嵐

ところが日常生活の中で使い込み始めたあたりで、若干気になる動作が起こり始めます。それは「不意の音切れ」でした。最初に気がついたのは電車の中ででした。

音楽を聞きながらTwitterを利用していたところ、プツ……プツ……と、時々音が途切れるのです。しかもそれは数秒~数十秒に1度というかなりの頻度です。常に発生しているのではなく、音楽を聴きながら他のアプリを併用していると、10~15分後あたりから発生し始めるという特徴がありました。

こういった瞬間的な音切れは以前のAirPodsでも稀に起きていましたが、それでも頻度は数時間に1回程度で、AirPods Proの音切れとは状況が明らかに違っていました。

状況を詳しく調べてみると、駅に到着するタイミングで音切れが発生しやすかったことから、駅構内のWi-Fiとの干渉や、電車を待っている人々のスマホなどとの干渉が起きているのではないかと考え、Wi-Fi通信を切ったりWi-Fiスポットの利用設定を削除してみたりと色々試してみましたが、一向に直りません。

不具合の原因も掴めないまま試行錯誤している中で、従来機種のAirPodsでも同様の不具合が発生することに気が付きました。つまり、原因はAirPods側だけではなく、iPhone(iOS)側にもあったようなのです。

それを裏付けるようにiOS13では異例とも言える頻度で不具合修正のアップデートが繰り返され、2019年内だけでも10回近いアップデートがありました。その中にはBluetooth通信の接続安定性を向上させる修正などもあり、OSとして多くの問題を抱えていたことが分かっています。

as-111-006
AirPods ProはiOS13.2から対応したが、その後も細かな修正アップデートが繰り返された

音切れが起こるタイミングや原因は、音楽アプリのバックグラウンド再生などにあるようでした。初期のiOS13ではアプリのバックグラウンド動作に不具合が多くあり、AirPodsシリーズもその影響を受けていたようです。

またゲームアプリなどでは、音楽アプリを起動しているわけでもないのに15分ほど利用しているだけで音切れが発生し始めるなど、そもそものメモリ管理に問題があるような動作も見られ、iOS13の完成度の低さがここでも感じられました。

as-111-007
アップルは新型iPhone発売の日程を重視しすぎた結果、OSの完成度が低いままにリリースしてしまった

あわせて読みたい

「AirPods」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  5. 5

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  8. 8

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  9. 9

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。