記事

特別な育休

一時期永田町にも溢れていた「イクメン」の声が殆ど聞こえない中、例え2週間とは言え現職の大臣が育休を取得するということは、大いにプラスであると考えています。

ただ、大事なことはその育休は巡れた条件の中の特別なものであり、取得後はただ感想を述べるだけではなく一般の会社員が取得できるようにみずからの体験をフィードバックしつつ制度改革に取り組んで欲しいと思います。

我が国の殆どの中小企業では、そもそも制度として確立していないし、制度として確立していても取得できる環境にはないし、取得できるとしても(休暇中の給与はゼロかほとんどゼロ、また復職後のポジションなど)多くのリスクを孕んでいるということを踏まえて取り組まなければなりません。また、外国と日本の文化の違いもあって意外と難しいですよ。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。