記事

【ターゲット】、600店で視覚障碍者に買い物バリアフリー!スマートメガネにAI搭載?

1/2

■ターゲットは視覚障碍者専用アプリ「アイラ(Aira)」のパートナーとなり、600ヶ所の店内で無料で使えるようにしている。

アイラはスマートフォンのカメラを通じ、リアルタイムで遠隔地の専任スタッフが周囲の視覚情報を視覚障碍者に伝えるアプリだ。

使い方はスマートフォンにダウンロードしたアイラを起動するとスマートフォン・カメラがオンになる。

カメラを通じてターゲットの店内の様子がアイラ・エージェント(専門スタッフ)のコンピューター画面に映し出されることになる。

スマートフォン・カメラを店内に向けることで会話しながらエージェントが視覚障碍者を売り場をナビゲートしたり、商品のブランド名や価格、セール情報、成分表示、レシピ、サイズ、カラーなどを伝えるのだ。

野菜や果物など生鮮品の場合、商品の形や色など細かい視覚情報も知らせてくれる。

またオープンしているレジの場所や、行列の少ないレジにも誘導する。

アイラを利用するには通常、いくつかのプランの中から選んで月額料金を払わなければならない。

ターゲットがアイラのパートナーとなったことで、ニューヨークやロサンゼルスなど13都市にあるターゲット600店でのアイラ使用が無料となる。

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。