記事

トランプ弾劾 罷免にするかどうか上院で裁判開始

トップ写真:トランプ大統領 出典:Flickr; Gage Skidmore

大原ケイ(英語版権エージェント)

【まとめ】

・トランプ大統領、「権力の乱用」「議会を妨害した」で弾劾訴追。

・個人弁護士がウクライナ政府との橋渡し役を大統領の指示と証言。

・弾劾裁判で罷免なしと高を括るも、大統領選への影響否定できず。

自らの再選のために違法にウクライナへの軍事支援金を差し止め、ライバル候補のジョー・バイデン前副大統領に関する汚職調査を発表しろと脅したとされる「ウクライナ疑惑」による弾劾訴追の決議は、15日、うやうやしいセレモニーを通じ上院に送付された。

訴追の条項は2つで、ウクライナ疑惑という大統領の座を利用した「権力の乱用」と、証人や資料の提出を徹底的に拒んで「議会を妨害した」ことだ。

ナンシー・ペローシ下院議長は、その書類に署名し、弾劾裁判管理人と称する検察役の7人が指名され、この書類を上院のミッチ・マコーネル議長に提出した。

ここで連邦最高裁判所の首席判事であるジョン・ロバーツが登場、彼が弾劾裁判の進行役となる。いつもはホワイトハウスでテレビ中継を見ながら「捏造だ」「フェイクニュースだ」とツイートする大統領がおとなしかった

訴追条項は1ヶ月も前に下院で採択されていたが、この間にも次々とウクライナ疑惑を裏付ける証言や事実が出てきているが、もっとも物議を醸したのが大統領の個人弁護士であるルドルフ・ジュリアーニのウクライナ政府との橋渡し役(脅し役)として動いていたレヴ・パーナスなる人物がマスコミに出てきて「大統領の指示で動いていた」「マイク・ペンス副大統領も、アンドリュー・バー司法長官もみんなグルだ」などと発言したことだ。

▲写真 ルドルフ・ジュリアーニ氏 出典:Flickr; Palácio do Planalto

さらには汚職で知られていたウクライナのユーリ・ルスツェンコ元検事総長との取引でマリー・ヨヴァノヴィチ大使を国外追放にしようと企んでいたことも認めた

パーナスは既に海外からの違法な選挙献金を集めた罪で逮捕され、保釈中の身だ。他にも既に議会で採決されたウクライナへの軍事資金提供を先延ばししたことは違法だという決定が下りたばかり。

トランプは、上院のマコーネル議長らが忖度して弾劾裁判にひとりも証人を呼ばず、なんの資料も見ないまま訴追状を却下する採決をとることを期待していたが、既にマコーネル議長の意に反して、このやり方に異を唱える共和党議員も出ており、これを強行するには票が足りないことを認めたかっこうとなった。

トランプは証人を呼ぶなら、ハンター・バイデンや、ウクライナ疑惑発覚の発端となった内部告発者を呼べと息巻いているが、彼らの証言で大統領の潔白を証明できるものではなく、この弾劾裁判が見せしめだと言いたいために召喚するらしい。もちろん大統領本人が出廷して証言することもできるが、それもないだろう。

弾劾裁判がどう転んでも共和党議員が過半数であるため、罷免はないと高を括ってはいても、最高裁判事が粛々と取り仕切る裁判の様子が生中継で何週間も流れるとあっては、秋の大統領選挙に影響がないとは言い切れない

さらに訴状の提出を1ヶ月も遅らせたのはペローシ下院議長の作戦で、トランプ大統領がすぐにも無罪とされていれば、2月5日の一般教書演説で得意満面にスピーチできたものを、「弾劾された大統領」のまま、両議会のメンツを前に大統領が長々と文句を言うのが目に見えるようだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  3. 3

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  6. 6

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  7. 7

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  9. 9

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  10. 10

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。