記事

安倍総理1月11日から15日 中東3か国訪問 自衛隊派遣に理解と支持


安倍総理の中東3か国訪問 サウジアラビアでの様子(出所:外務省)

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。我が国の伝統精神である「智勇仁」の三徳に基づき、「文武経」の政策を国家国民のために全身全霊で実現します。


安倍総理の中東3か国訪問 UAEでの様子(出所:外務省)

 1月11日から15日まで、安倍総理は中東3か国、サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、オマーンを訪問しました。

 帰国後、安倍総理は次のように述べています。

「緊張緩和に向けた動きが見られる中、中東情勢の更なる悪化を避けるため、全ての関係者が自制的に対応し、あらゆる外交努力を尽くすべき、との点で完全に一致することができました。

 日本は、この地域にエネルギー資源の多くを依存しており、こうした外交努力と併せて、日本関係船舶の航行の安全を確保するため、自衛隊による情報収集を行うことに関し、各国の理解と支持を得ることができました。

引き続き、米国との同盟関係及びイランを含む中東諸国との友好関係の上に、対話を通じた問題解決に向け、粘り強い平和外交を続けていきます。」

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202001/17sei_yoto.html 


オマーン訪問の様子(出所:外務省)

 中東の有力な3か国から、我が国自衛隊の中東派遣への理解と支持が得られたことは、安倍外交の成果ではないかと思います。

 米とイラン間は、両者とも報復してはいるものの、一部自制的な対応も見られます。引続き注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。