記事

新型コロナウイルス感染 完全には否定できないという言葉の使い方 断定は難しい

新型コロナウイルス。メディアどんどん煽ってます。

厚労省からは15日に対策が広報されています。

>I. 診察室および入院病床は個室が望ましい。
>II. 患者の気道吸引、気管内挿管の処置などエアロゾル発生手技を実施する際には空気感染の可能性を考慮し N95 マスクを装着する。
>III. 患者の移動は医学的に必要な目的に限定し、移動させる場合には患者にサージカルマスクを装着させる。

少なくともSARS、MARSよりは感染力はすごくはないという分析は正しいでしょう。いや中国で医療従事者の2次感染が起きてないようですので、上記の対策が行われれば十分2次感染は予防できるということです。

ただその上で一般的にはウイルス感染、風邪、インフルエンザの1次感染が完全には予防できないということを今一度思い出しましょう。

16日のモーニングショーでは長嶋一茂さんが吠えて玉川さんが冷静に対応するというすごい構図になっていました。本当この2人の掛け合いは面白い。そのなかで、自然免疫を強くすれば大丈夫という長嶋さんに、白鵬大の先生から「自然免疫、ワクチン含む獲得免疫どちらも大切なんですよ」という言葉で番組がまとまったのはいい流れでした。(個人的には日本に帰ってくる時に発熱を申告しなかった患者への「ふざけんな」という先生の言葉が大好きです)

バズフィード でも感染症専門医今村顕史先生が解説記事を次から次に出しています。本当冷静な解説です。

このなかで、「過剰に恐れることはありません」という表題がどのような行動を引き起こすのか、福島県の放射線事故の事案を思い出しました。過剰に恐れる必要はない、パニックを起こしてはいけない、そのためでてきていた「直ちに影響はない」という官房長官の発言。当時いろいろ責められていました

多分100%の正解はありません。そして少し煽らないと番組は面白くなりません。だからこそメディアは煽りすぎず、冷静に番組で広報して欲しいと思います。

今回の玉川さんのこの発言

>「どれぐらいの病原性があるのか。どれぐらいの感染力があるのか。今、出ている情報だと少ないですよね。だから冷静に恐れるしかない状況です」

今の段階でいいまとめだと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。