記事

小泉大臣の育休 パフォーマンス批判を覆すためにすべきこと

第1子誕生について質問を受け、笑顔を見せる小泉環境相(時事通信フォト)

小泉氏は男性が育休を取りやすい組織環境を構築できるか

 1月17日、小泉進次郎環境相と妻の滝川クリステルさん(フリーアナウンサー)の間に、第1子が誕生した。小泉大臣は仕事をセーブしながら育児休業を取得することを表明しているが、パフォーマンス批判も出ている。男性会社員の育休取得率がなかなか上がらない中で、小泉大臣は国民の代表としてどう育休の務めを果たすべきなのか──。働く主婦の調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長兼「ヒトラボ」編集長の川上敬太郎氏が助言する。

【写真】イクメン夫のイメージ

 * * *
 小泉進次郎環境相が、3か月で計2週間程度の育児休業を取得すると発表した。しかし、賛否両論が巻き起こっているという。

 小泉大臣も一人の人間であり、夫である。小泉“氏”という個人が、家庭の中で育休の必要性を感じて取得したいと考えることを周囲が批判するなど余計なお世話だ。小泉氏の家庭運営に対して責任が取れる立場にいるのは、小泉氏と妻の滝川クリステル氏のお二人以外にはいない。

 しかし、小泉“大臣”の有休取得に対して賛否の声が上がるのは致し方ない気もする。国務大臣という要職にあることに加え、昨今の週刊誌報道などのマイナスイメージをカモフラージュするパフォーマンスのように見えてしまう面もあるからだ。

 それでも、小泉大臣の育休取得を応援したいと思う。様々な声に惑わされることなく、大いに育児に取り組んでいただきたい。

 そのうえで、危惧していることがある。

 小泉大臣の育休取得への注目度が高いだけに、メッセージの伝わり方によってプラスにもマイナスにも働く可能性があることだ。もちろんプラスに働くのであれば何も言うことはない。ここでは、懸念されるマイナスに働いてしまうケースについて取り上げたい。

 ポイントは大きく3つある。(1)育休する当事者としての手本を示すことができるか(2)育休が取りやすい組織環境を構築できるか(3)仕事で成果を出すことができるか──。

 1つ目に挙げた「育休する当事者としての手本を示すことができるか」については、さらに三つのテーマに分けられる。一つは自身が主体として育児を行うこと。もう一つは、父として育児を楽しむこと。そして、妻のキャリアを尊重することだ。

 育休とは、育児休暇だと誤解されることがある。実際には、休暇ではなく育児休業だ。稼ぐための仕事は行わないものの、何もせずに休むわけではない。“育児”という務めを果たすための休業だ。

 子どもをお風呂に入れたりオムツを変えたりするのはもちろん、掃除、洗濯、炊事といった付随する家事も自らが主体となって取り組まなければ意味がない。小泉大臣の日々の育児風景がSNSなどでアップされれば、夫が育児の主体として取り組むことが自然な形で世間に浸透していく後押しになるのではないだろうか。

◆男性の育休取得義務化は“劇薬”

 一方で、育児という時間が幼い子どもと触れ合う貴重な期間であることを大いに楽しんでいただきたいとも思う。妻が一人で育児を抱えてしまう“ワンオペ育児”は、育児を辛いものにしてしまう。そもそも育児は妻が行うものだとする風潮を変えなければならない。夫が育休を取得する意義には、そんな状況の解消も含まれている。

 子どもが小さい時期は短い。夫婦がともに育児に携わり、その貴重な時間を子どもと過ごすことで得られる喜びは一生の宝物になる。育休を取得することによって、その喜びをより深く感じられる機会としていただきたい。

 そして、忘れてはならないのが、妻のキャリアを尊重する視点だ。小泉大臣自身も首相候補として期待されているが、妻の滝川クリステルさんも才能溢れる方だ。今後どのようなキャリアを歩みたいかについて夫婦で話し合い、互いに尊重し支えあう中で育児や家事のあり方のバランスをとっていくことが大切だと考える。

 一方で、環境省という組織の長である小泉大臣として重要なポイントだと考えるのが、2つ目に掲げた「育休が取りやすい組織環境を構築できるか」だ。

 そもそもの話、男性が育休取得しづらい原因の多くは、取得しづらい“環境”にある。育休を取得したいと考えている男性は少なくないのに、この環境という敵が障壁となっている。その根底には、“男性が育休を取ることはない”という暗黙の前提の下に組織を回そうとする考え方がある。

 いま検討されている男性の育休取得義務化は、そんな“前提”を打ち壊すために必要な劇薬なのだと思う。本来は育休を取得するか否かは個人の意思に委ねられるものであり、義務化するべきものではないはずだ。それでも義務化の必要性が取り沙汰されているのは、そこまでせざるを得ないほど、“前提”が強固だからに他ならない。

 組織の長である小泉大臣が、自らの育休取得を通じてその“前提”を取り払った組織作りを行えば、男性が育休取得しやすい環境が生まれることになる。

 そんな組織を作るためには、ただ待機するだけのような無駄な仕事はなくす、不要な会議はなくす、オフィスへの出社義務をなくす、誰かが休んでも仕事がカバーできるよう業務や判断基準を整理してマニュアル化する、など仕事の取り組み方自体を変えなければならない。その決定は組織のトップにしかできないことだ。

 テクノロジーが進化し、テレビ電話などがあれば世界中どこにいてもかなりの業務がこなせるようになってきている。規程によってその場にいなければならない義務でもない限り、大胆に仕事の仕方を変えることは意思とアイデアさえあれば可能なはずだ。“環境”相である小泉大臣には、環境省を新しい組織環境モデルにする取り組みを期待したい。

◆仕事で成果出せなければ「悪しき前例」に

 最後に、3番目のポイント「仕事で成果を出すことができるか」について。他に掲げた2つのポイントが実現できたとしても、仕事で成果を出せなければ、元も子もなくなる。先ほど述べた、男性が育休を取得しやすい組織環境の構築も、仕事での成果につながらなければ意味がない。

 気候変動への対応や福島の復興など、重責を担う環境相が育休取得したために成果を出せなかったとなってしまえば、育休取得したことが悪しき前例として人々に記憶されてしまう。それは社会に対するマイナスのメッセージになりうる。

 最低限、“育休取得しても成果を出した”と言われなければならない。理想としては、成果はしっかりと出したうえで、育休取得は社会で当たり前のことになり、忘れられることだ。出された成果の中に、“育休取得したからこそ出せた成果”が含まれていれば最高だ。

 私は4人の子の父親だが、育休は取得しなかった。妻との話し合いの中で、家庭運営上それがベストな体制だったこともあるが、およそ18年前、妻のお腹に長男の命が宿った頃の私には、恥ずかしながら育休を取得するという発想自体がなかった。

 しかし、時代は変わりつつある。絶大な発信力を持つ小泉大臣が育休取得する意義は大きい。環境省職員をはじめとする周囲の方々は、その意義を理解し、古い価値観や色眼鏡を取り払い、小泉大臣を支えていただきたいと思う。

 最近、男性の育休取得が議論されるようになって、私に育休をとって欲しかったかと妻に尋ねたことがある。帰ってきた答えは、「そのほうが楽だったかもね」というものだった。妻も納得していたはずだと考えていた私は驚いたが、その後に続いた言葉でハッとさせられた。

「私のことじゃないよ。あなたが楽だったんじゃないのかな? 特に双子の時は」

 言われて思い出したのは、育児が大変だった頃に味わった帰宅後のしんどさだ。特に下2人の双子の兄妹が生まれた時、妹の方は心停止状態だったため、すぐに救急車でNICUに運ばれた。一方、仕事はストレスフルな環境で残業も多かった。

 帰宅したらすぐに車で妻が入院している病院に寄って搾乳した母乳を受け取り、双子の妹が入院するNICUへ直行。床につく頃には深夜2時を回っているという日々がしばらく続いた。眠気と疲れでハンドル操作を誤りそうになったことも度々あった。

 その繰り返しで、乗り切れたのが不思議なほど心身が疲れ切ってしまった。もし当時の私が育休を取得していたならば、状況は全く違っていたはずだ。

 小泉大臣の育休取得は、世の中を変える大きな一歩になる可能性を秘めていると思う。夫の育休取得を社会の当たり前にするきっかけとして、まずはその育児ぶりに大いに期待したい。

 ただ、当然ながら育児は2週間で終わる訳ではない。小泉大臣には育休を取得した後も含めて、父親としての新しい理想像を示していただけたらと切に願っている。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  6. 6

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  7. 7

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  8. 8

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。