記事

センター試験監督は「憂鬱の極み」、数々の要求とクレーム

大学入試センター試験で、受験生にリスニング用の機器を配布(共同通信社)


福山市立大学名誉教授の藤森かよこ氏

「試験監督のいびきが気になって集中できなかった」──2018年度センター試験中に数回いびきをかいた大阪大学の教授が、訓告処分を受けた。

【写真】福山市立大学名誉教授の藤森かよこ氏

 試験監督を担当するのは教授や講師など試験会場となる大学の教員だ。彼らは単に試験用紙の配布や不正行為の監視をしているだけではない。ハードな任務の中身を知れば、居眠りにも同情したくなる。

 試験監督の経験がある福山市立大学名誉教授の藤森かよこ氏は、「憂鬱の極みだった」と当時を振り返る。

「試験当日は朝8時の集合から夜6時半の解散まで、一切気を緩めることができません。試験時間を1分間違えても大問題になるので、電波時計を各部屋に2台持参。試験中は学生の邪魔にならないように、特定の受験生の後ろに長く立つとか、やたらと歩き回ってはいけません。かといって読書は禁止。試験中に声を出すと他の生徒の迷惑になるので質問には筆談で対応します」(以下、藤森氏)

 藤森氏はかつて教員だった桃山学院大学と福山市立大学で、1996~2014年までの18年間にわたって試験監督を担当した。試験官には事前に厚さ約1センチのマニュアルが配られ、説明会への参加も求められたと話す。

「リスニング中に外で騒音が聞こえた場合の対応など、問題が起きた場合の対策が詳細に書かれています。マニュアルにない問題が起きたら、自己判断で対処せずに、大学入試センターに確認しなければいけません」

 身なりや服装の注意も細かく定められているという。

「足音を立てないためにゴム底の靴を履き、音がするような時計や装飾品は禁止。マニュアルは年を重ねる毎にどんどん分厚くなっていき、試験監督をまとめる責任者用マニュアルは、もっとボリュームがありました」

◆5分ごとに体操!?

 障害や持病のある生徒のために、申請を受けて特別対応をすることもある。必要な制度ではあるが「5分ごとに椅子から立ち上がって体操しないと集中できない」受験生もいたそうだ。

「特別室で受験させて私が立ち合いましたが、少なくとも試験中、一度も体操しませんでした(笑い)。トイレが近いという理由で教室の入口近くに座らせることもあるし、腰痛があるからと特別室で受験した生徒もいます。特別室で腰痛がラクになるのかは疑問でしたね。“言ったもの勝ち”的な部分があるのは事実です」

 藤森氏自身も「試験監督同士の話し声がうるさい」とクレームを受けたことがある。

「その部屋では、私を含めて6名が試験監督をしていました。受験生が集中できるように試験監督同士の打ち合わせは小声で話すルールで、ため息や咳も禁止。いつものように声の大きさには気をつけていたはずなのに、どの会話がうるさかったのか……。受験生は別室で待機する高校教師や親に文句を言い、そこからクレームがくるケースが多かったですね。とにかく神経質な生徒が多くて気を使いました」

 こんなクレームが目に見えて増え始めたのは、2000年代半ば頃からだと藤森氏は言う。

「些細なことでクレームを言う親が登場して、その子供たちが大学に進学しだした時期と一致しています。新テストになっても大学教員が解放されることはないでしょうが、試験監督たちが疲弊しているのは事実です」

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

あわせて読みたい

「センター試験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  8. 8

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。