記事

米求人件数、11月は4年超ぶりの大幅減 小売・建設が減少


[ワシントン 17日 ロイター] - 米労働省が17日に発表した昨年11月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数(季節調整済み)が前月比56万1000件減の680万件と2018年3月以来の低水準となり、減少幅は15年8月以来の大きさとなった。

求人件数は過去最高となった18年末の約763万件から減少傾向が続いている。11月は民間部門が52万件減と大きく、特に小売業や建設業での減少が目立った。

政府部門は4万2000件減だった。

11月の求人率は4.3%と10月の4.6%から低下。採用件数は582万件と10月の578万件から増加した。採用率は3.8%と変わらずだった。

自発的な離職件数は350万件。自発的な離職率は3カ月連続で2.3%だった。

米労働省が10日発表した19年12月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月から14万5000人増と、11月から鈍化し、市場予想の16万4000人増を下回った。ただ、貿易摩擦で製造業が一段と落ち込む中でも雇用の伸びは依然として労働人口の伸びを維持するのに必要な約10万人を上回っている。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は、「労働市場はピークに達した可能性がある」と指摘。また、ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、Sophia Koropeckyj氏は、労働市場が今年はさらに減速すると予想し、「増加は10万人を下回るだろうが、年後半に減少に転じるとは想定していない」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。