記事

最後のセンター試験「迷走する英語試験」 なぜ日本人は英語コンプレックスを抱くのか 2020年の論点100 - 阿部 公彦

 英語の大学入試「改革」が混乱を呼んでいる。2020年度から、GTEC、英検、ケンブリッジ英検といった民間の業者テストが「大学入試共通テスト」とともに新しく導入される予定だったが、試験の実施が2、3カ月後に迫った11月1日に急遽、導入が見送られた。文部科学省は今後、民間試験を活用することの是非も含め、2024年度を目処に新たな試験を開始することを検討していると報じられている。

 民間試験の活用については、導入の見送り前から数多くの課題が指摘されてきた。主なものでも以下の通りだ――試験機会の不平等(受検料が高額。会場も都市部に偏っている)。試験業者が自ら問題集作成や対策講座を行う「利益相反」(金をかけ「対策」すれば点数はあがるが、必ずしも英語力は身につかない)。診断を目的としたテストを選抜に使うことの弊害(テスト問題は頻繁にリサイクル。その流通を食い止めるのはほぼ不可能)。スピーキングテストの採点への不信。障害者への配慮不足等々。


©iStock.com

「民間業者に丸投げ」という欠陥

 根本にあるのは構造的な欠陥である。大学入試を民間業者に丸投げするというシステムそのものが問題なのだ。業者は採算がとれるかどうかを最優先する。受験生や、ましてや大学のことなど二の次だ。点数が出やすくして、受検者を増やそうとしたり、コスト減のために信頼度の低い採点者を採用したりする。他方で、文科省は試験については責任をとらない。にもかかわらず国立大学には半ば強制的に試験の活用を押しつけようとした。不正やトラブルがあっても、被害に遭うのは受験生や大学で、テスト業者は責任をとらない。このような歪みを抱えた制度では、いくら場当たり的な対応をしても次々に新たな障害が起きただろう。

 にもかかわらず、民間試験導入は強行されようとした。

原因は根深い「英語コンプレクス」

 なぜこのような事態が生じたのだろう。原因として思い浮かぶのは、私たちが長らく抱えてきた「英語コンプレクス」の根深さだ。それは西洋文明に対する過度の「憧れ」と、その反動としての「反発」に由来する。今回も政治家や国立大学協会の幹部など、責任ある地位にある人が「制度にはいろいろ問題があるが理念はまちがっていない」との発言を繰り返した。果たしてそうだろうか。彼らはその理念をほんとうに精査したのか。

 民間試験の推進派が拠り所にしていたのは「これまでは2技能、これからは4技能」との看板だけだ。予想されるデメリットには一切触れていない。耳に心地の良いところだけ聞かせる、いわゆる「バラ色商法」である。運用面の数え切れない課題もはじめからわかっていたのに、それらを隠蔽し、その挙げ句のこの混乱である。はじめから「民間試験ありき」で進められた利権誘導の政策だと言われても仕方ないだろう。

 そもそも学校の授業時間や教員や生徒の能力が同じなのに、なぜテストを4技能型にするだけで、「2技能」→「4技能」と能力の数が純増になるのか。中等教育の英語では2とか4などには区分できない共通の部分こそが大事。このような「みせかけ4技能主義」にこだわったら、これまで何とか身についていたコアとなる英語の能力がわりを喰うだけである。

 また「4技能型」は斬新なシステムのように謳われているが、実際には今までなかった「話すこと」のテストを入れるくらいしか目新しさはない。しかし、まさにこのスピーキングテストにさまざまな問題があることも早くから指摘されてきた。このテストをやれば「英語ぺらぺら」になるというのはまったくの幻想だ。しかし、入試民営化はこの誤った幻想を支えにして進められてきた。政治家や国大協の幹部の「理念はまちがっていないのだから……」発言の背後には、この根深い「しゃべれないコンプレクス」があった。

100年以上、英語を“話せない”日本人

 英語学習で話したり聞いたりする練習を取り入れることには意味がある。しかし、現状分析も欠かせない。明治以来100年以上、日本人はずっとオーラル英語で苦労してきた。どうして「なぜいつもうまくいかないのか?」と考えないのだろう。日本人はせっせと海外で流行する方式を取り入れ、教員や学校を批判し、制度変更も行った。それでもだめだった。変だな? とは思わないのか。

 日本語話者には英語習得が難しいのだ。この認識からスタートしなければならない。特別メニューが必要なのだ。英語教育の専門家には、安易な4技能均等幻想に乗せられることなく、習得の順番や力点に気をつけた地道で合理的な学習法を普及させてもらいたい。日本語の例を考えればわかるように、言語能力はもともと不均衡なもの。個人差も、必要度の違いもある。何より諸技能の分断よりも、連携に気をつけるべきなのだ。学校教育で重視されるべきは、単語や文法・構文の知識などの基礎部分をしっかり習得させることだろう。それが大学や社会での「本番」に備える準備となる。音声の活用も重要だが、型にはまったテスト漬けでは害にしかならない。

 優先度ということで言えば、筆者自身はもっと上手にリスニングを取り入れるべきだと考えるが、それはまた別の機会にゆずろう。ともかくこの調子で安易な4技能均等看板や「ぺらぺら礼賛」に踊らされていたら、こんどは振り子が逆にふれ、「何で英語やるの?」「いらなくね?」という話になることは目に見えている。私はそれは望まない。

※英語民間試験の見送り決定を受け、『2020年の論点100』より原稿の一部を修正しています(文春オンライン編集部)。

※100のテーマに100の解答。就活生、ビジネスマンの基礎教養にも!『文藝春秋オピニオン 2020年の論点100』発売中です。

(阿部 公彦/文春ムック 文藝春秋オピニオン 2020年の論点100)

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。