記事

春名風花さんネット書き込み提訴に柴田阿弥「私も訴える」 若新雄純氏「素直に傷ついてみる」


 “はるかぜちゃん”こと女優の春名風花さん(18)が14日、Twitterに虚偽の内容を投稿され名誉を傷つけられたとして、書き込みをした人物を相手取り横浜地裁に提訴した

 提訴のきっかけとなったのは、2018年10月に書き込まれた「彼女の両親自体が失敗作」というツイート。この投稿者に対し春名さんは、慰謝料など265万4000円の支払いを母親とともに求めている。


 Twitterを始めた小学生時代から誹謗中傷に悩まされていたという春名さん。問題となったツイートに対し春名さん側は2018年11月、Twitterに情報開示を申し立てる。同年12月末、4つのプロバイダーが判明し、中傷ツイートの投稿者の情報を持っている可能性の高いプロバイダーから順に発信情報開示を請求。弁護士ドットコムによると、春名さんは裁判費用のため、仕事の合間にコールセンターでアルバイトをしていたという。

 そして2019年11月、東京地裁はTwitterで中傷した投稿者の氏名や住所などの開示をプロバイダー側に命じた。春名さんはこの時の心境について、弁護士ドットコムの取材に対し「本気でやれば、ネットは匿名じゃないと示せた」「訴えることによって、誹謗中傷してくる他の人への抑止力になる。だから、続けることができた」と答えている。


 春名さんが訴訟に至ったことについて、慶応大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏は「訴訟というのは、法治国家で全ての人に正当な手段として認められた唯一のケンカの方法。相手の家に怒鳴り込みに行ったり待ち伏せしたりすれば犯罪になり、同じ方法で仕返しするというのは自分が罪を重ねることになる」と話す。

 一方、著名人が訴訟することと、ネット上の他の誹謗中傷への抑止力については別に考えたいと主張。「訴訟する権利はあっても、誰もが簡単にできるわけではない。また、仕返しでは根本は変わらず、訴訟で抑止すればいいというだけでは不十分だとも感じる。ネット上の誹謗中傷がなくならないのは、対面のコミュニケーションに比べて相手が傷ついている姿が見えづらいから。傷ついている方も、それを見せずに言い返すことができてしまう。僕は、ネットでひどいことを言われたら、たまに、素直に傷ついたり凹んだりしてコメントを返すようにしている。相手の顔や心の傷が見えるようにしていくことも、別のひとつの抑止力になるのでは」と提示した。


 フリーアナウンサーの柴田阿弥は、ネット上の誹謗中傷に対して「家族への中傷や個人情報などを書き込んできた場合は絶対に訴えると決めている」と断言。その理由について、「訴訟が正当に認められた権利であるのと、“有名税”という言葉で人の尊厳を踏みにじる発言をしていい訳がないと思うから。傷つく度合いや心の強さは人それぞれ。有名人だから我慢しろというのは本人が思うことであって、他人が言うことではない」と主張する。

 続けて「“相手が傷ついているからやめよう”という性善説に頼りきれないところはある。“この人はやったらやり返されるんだ”と思わせないと、人はエスカレートしてしまうのではないかと思う」としつつ、「春名さんに関する記事を見て、民事裁判の費用を回収できないリスク、時間面や精神面の負担が大きすぎると感じた。春名さんが過去に警察からされた対応を含め、アルバイトをして裁判費用を貯めて自分を守らなければならないとなると、被害者に厳しい国なのではないか」と疑問を呈した。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

映像:新宿駅南口の“首吊り現場”が拡散

あわせて読みたい

「春名風花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  2. 2

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  5. 5

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。