記事

「ゴーン」という怪物を作り出した日本人の体質

2/2

島国の弊害

ではなぜ、日本はここまで「性善説」でやってこられたのか。1つには、周囲を海に囲まれている点が挙げられるでしょう。島国であるため、武力的にも文化的にも他国からの侵略を受けにくかったのです。

1274年の「文永の役」、その7年後の1281年の「弘安の役」といった蒙古襲来はありましたが、それとて神風が吹いて難を逃れることができました。こうした外国から攻められにくい立地条件は、他国と地続きであるヨーロッパなどとは一線を画します。すなわち文化の異なる他国の顔色をうかがいながら渡り合うのではなく、日本国内で調整力を発揮するだけでうまくやってこられたわけです。

極論すれば、外国人と外交面で折り合いを付けるセンスを磨かなくても、国内でのコミュニケーション能力さえ万全なら安泰だった。四方を囲む海は、この国を守る防波堤でもあり、外へと向かいにくくさせる障害壁でもあったのでしょう。そんな背景があるからこそ、日本人は中学・高校で英語を6年学んでも日常会話レベルにすら到達しにくいのかもしれません。

近年、かの国から物騒なミサイルが飛んでくることはありますが、今のところ日本国内には落ちないよう配慮されています。領土問題が有史以来デフォルトの国から見れば、これは平和ボケにしか見えないのではないでしょうか。

中庸の精神で、時に「ずる賢く」

歴史を振り返ってみれば、日本人にとっては民主主義も勝ち取って獲得したものではなく、「お上」からお下げ渡しの形で与えられたものでした。

今日の日本の企業文化を見ても、本来なら経営陣とは対立構図であるべき組合が、比較的円満にやり繰りされているあたりにも、こうした精神性が感じられます。経営陣は社員のクビをむやみに切ることをせず、組合側も莫大な賃上げを要求することはまずありません。性善説を支持する者同士、うまい具合に落としどころを共有してきたのです。

そんなわが国に空前絶後の不況が襲います。万策尽きた状況で白羽の矢を立てられたのが、日本教とは一切無縁のゴーン氏でした。そのゴーン氏が派遣切りなどのセンシティブなミッションを短時間でバッサリやってのけたのは周知の通りです。

うがった見方をすれば、今回の問題は「同胞のクビを切って浮いたお金が、ゴーン氏の懐に入るのを黙って見過ごしてきたお人好し経営陣の失敗」に過ぎないのです。

もちろん、だからといっていきなり「人を見たら泥棒と思え」などと「性悪説」に舵を切るべきだとはいいません。「性善説か性悪説か」と二元論を主張しても無意味です。それぞれ一長一短なのですから。

ただ、言葉は悪いかもしれませんが、日本人はもう少し「ずる賢く」なるべきではないかと思います。つまり、「時には性善説で、時には性悪説で」という一元論を目指すのです。白黒はっきりさせたがるのが欧米風だとしたら、中庸の精神を発揮し上手にバランスを取る。

落語には、そんな生き方が活写されています。昔の日本人はそういう具合にうまく乗り切ってきました。

拝金主義よりも背筋主義でいこう

落語には複数の人間や動物などが出てきます。そして時に、「お前はそういうけれども、俺からはこう見えるんだ」と双方が訴え、一方的な見方を拒否します。たとえば「王子の狐」という落語では、人間が詫びながら置いていった牡丹(ぼたん)餅を、「馬の糞かもしれないぞ」という狐からの目線が見事なオチになっています。

何事も片寄ってはいけません。マジメは一見正しく見えますが、突き詰めれば戦争に発展することだってあります。当事者同士がマジメに傾き過ぎ、その結果として争いが起きる。

アメリカとイランがもめている今、日本に求められる役割はまさに、古来から育んできた中庸の精神で両者のバランスを取ることではないでしょうか? 今回のゴーン氏の一件によって、さらなるバランス感覚が磨かれたとすれば、それは日本人の成長にもつながるかもしれません。


落語家・立川談慶さんの上腕二頭筋と三頭筋のバランス感

落語はそんなバランス感覚を養うのに役立ちます。そして、精神的にバランス感覚を養成するのが落語だとしたら、それを肉体的に磨くのが筋トレです。

私は「シックスパックを目指す!」と気合いを入れて、腹筋ばかり鍛えすぎて腰を痛めてしまう人を何人も見てきました。腹筋を鍛えたいのなら、同時にその拮抗(きっこう)筋である背筋を鍛えるべきなのです。また、「逆三角形の上半身」を目指したいのなら、その土台である脚を鍛えるスクワットもきちんとこなさなければいけません。

またしても筋トレ的なオチでしたが、ゴーン氏からは「拝金主義より背筋主義」というオチを学ばせていただいたような事件でありました。

----------
立川 談慶(たてかわ・だんけい)
立川流真打・落語家
1965年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ワコール勤務を経て、91年立川談志に入門。2000年二つ目昇進。05年真打昇進。著書に『大事なことはすべて立川談志に教わった』など。
----------

(立川流真打・落語家 立川 談慶)

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  6. 6

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  9. 9

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  10. 10

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。