記事

25年前、1995年のこと


阪神・淡路大震災から25年。あの日、私は昼過ぎまで震災のことに気づかなかった。いや、寝坊してしまい。3限には出ようと思い、急いでアパートを出た。朝刊は手にとり、電車で読んだのだけど、当然、まだ震災のことは掲載されていない。大学がザワザワしていて。テレビや新聞でニュースを見て、驚愕した。

なんせ、地下鉄サリン事件の年でもあり。集合的記憶ともいえる、2大事件が1月と3月に続けて起こったのは忘れられない。

1995年 (ちくま新書)
速水 健朗
筑摩書房
2013-11-07


速水健朗さんのこの本が大好きで。そう、本書では、あえて震災とサリン事件の件は後半に書かれていて。円高も過度にに進んでいたし、自社さ連立政権で社会党の村山富市が首相だったし、東西の首長は意地悪ばあさんと横山ノック。一方、インターネットが出始めの年であり。プロレス、格闘技にも熱狂した。

混沌とした年であり。様々な喜怒哀楽があった。うん、必ずしも悲しみだけではなかったことにも触れておこう。1995年は何かの終わりや、始まりとされることが多いのだけど。妙な不安と高揚感があったことを覚えている。


あれから四半世紀。あの空気感をその後、味わったかどうかでいうと謎で。というわけで、あの日のことを思い出しつつ、あの不思議な空気感を思い出してみる。合掌。

あわせて読みたい

「阪神・淡路大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。