記事

オシャレの技術 同じ国でまとめる



昨日、ゲットしたTシャツ。COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANのもの。昨年から、このブランドにハマっており。ジャケットにパンツに、Tシャツ、カットソーと買いまくっている。

ブランドには正直、浮き沈みがあるし。人の人生にもステージがあり。

今年で46歳になるのだが、子育てに没頭していて若返りモードなのと、最近のこのブランドに何かこうシンパシーを感じ。こればかり買っている。

さて。

ファッション誌編集部勤務の友人に教わったオシャレテクニック。それは、「ある国で揃える」ということ。たとえば、ブルックスブラザーズのジャケット、シャツに、ティファニーの時計に、リーバイスのデニムでアメリカしばり、とか。私はそこまでできていないのだけど。意識することにする。まあ、着ているものはそのときハマっている同じブランドで揃えているのだけど、時計はLOUIS VUITTONだし、バッグはGUCCIだし、靴はDIEMMEというイタリアのブランドで。ちゃんぽんだな。

ちなみに、私が大事にしているオシャレの技は・・・。

・(前述したとおり)そのときにハマっているブランドを買いまくる。
・靴やアクセサリー以外は同じブランドで揃える。
・気に入ったアイテムがあったら、色違いで揃える。下手したら、同じものを2つ買う(たとえば、Tシャツ、靴などは同じデザインの色違いを所有している)。
・TPOをあえてはずす(たとえば、スーツの人が多そうな集まりでは、あえてジャケットで行く)。
・数年に一度、好みや体型が変わった瞬間に大胆に手放す。

という感じかな。

オシャレは人生。楽しくいこう。

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  2. 2

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  5. 5

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。