記事

オシャレの技術 同じ国でまとめる



昨日、ゲットしたTシャツ。COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANのもの。昨年から、このブランドにハマっており。ジャケットにパンツに、Tシャツ、カットソーと買いまくっている。

ブランドには正直、浮き沈みがあるし。人の人生にもステージがあり。

今年で46歳になるのだが、子育てに没頭していて若返りモードなのと、最近のこのブランドに何かこうシンパシーを感じ。こればかり買っている。

さて。

ファッション誌編集部勤務の友人に教わったオシャレテクニック。それは、「ある国で揃える」ということ。たとえば、ブルックスブラザーズのジャケット、シャツに、ティファニーの時計に、リーバイスのデニムでアメリカしばり、とか。私はそこまでできていないのだけど。意識することにする。まあ、着ているものはそのときハマっている同じブランドで揃えているのだけど、時計はLOUIS VUITTONだし、バッグはGUCCIだし、靴はDIEMMEというイタリアのブランドで。ちゃんぽんだな。

ちなみに、私が大事にしているオシャレの技は・・・。

・(前述したとおり)そのときにハマっているブランドを買いまくる。
・靴やアクセサリー以外は同じブランドで揃える。
・気に入ったアイテムがあったら、色違いで揃える。下手したら、同じものを2つ買う(たとえば、Tシャツ、靴などは同じデザインの色違いを所有している)。
・TPOをあえてはずす(たとえば、スーツの人が多そうな集まりでは、あえてジャケットで行く)。
・数年に一度、好みや体型が変わった瞬間に大胆に手放す。

という感じかな。

オシャレは人生。楽しくいこう。

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。