記事

男の育休で女性がラクになるという幻想!実際はジャマで迷惑?小泉進次郎氏育休を機に考える

男性が育児休暇をとれば女性がラクになると思い込んでいるが、ほんとは逆効果の場合もあるのでは?

仕事に行ってくれればいいのに、旦那が家にいるせいでご飯は作らなきゃいけないし、ろくに手伝いはできないし、かえって妻の負担が増える可能性もある。

だいたいちょっと手伝っただけで、「イクメン」とかいってネットやリアルで自慢している男性ほど、女性からいやがられていることも多い。

「そんなことでイクメンアピールするなぼけ!女性は毎日あたりまえのようにやってんだよ!」みたいな。

そばにいてくれると助かる旦那さんもいるかもしれないけど、世の中そういうわけじゃない。

男性も育児休暇をとれる選択肢がある社会は素晴らしいけど、男性の育休=女性がラクになる、と単純に思い込むのは危険じゃないかと思われ。

小泉進次郎氏が育休をとれば男性の育休が増えてバラ色だみたいな論を時々目にするけど、男性の育児力のなさや家事力のなさを考えていない意見かなと。

旦那さんが小泉進次郎氏ならいいかもしれないけどね。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。