記事

出来レースのようなアメリカとイランの衝突、今後どうなる?

田原総一朗です。

新年第1回目のメルマガである。

本来なら、あけましておめでとうと言いたいのだが、どうも世界情勢がきな臭く、無防備に新年を祝えない。

昨年12月、トランプ大統領が、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した。
ソレイマニ司令官は、イランでは国民的英雄である。

殺害直後には、NATO各国からは、「とんでもない愚策であり、トランプは大統領としての資格がない」という批判が起こった。

世界が恐れていたとおり、イランはその報復として、今年1月8日未明(現地時間)、イラクにあるアメリカ軍基地を攻撃。
当然ながら、イラクとアメリカの全面戦争が危ぶまれたが、トランプはこれに対して、軍事的報復はしないと表明。
世界は胸をなでおろした。

しかし、その経緯を詳細に見てみると、どうも謎が残る。

イランは実は、イラクのアメリカ軍基地を攻撃する前に、イラクに対してその意思を伝えていたというのだ。
もちろんイラクからアメリカに、その情報が伝わることは織り込み済みだ。
当然アメリカは、イランが基地攻撃をすることを、前もって知っていたと考えられるのだ。

イランのミサイルを迎撃することも、十分可能だったはずであるが、甘んじて攻撃を受けている形だ。
しかも、アメリカ軍に死者はおらず、被害は最小限であり、トランプは「すべてが順調」とまでつぶやいている。
イラクは「これから攻撃する」と伝え、アメリカも知っていながら攻撃させている。
いったいこれはどういうことか。

まるで動物の「甘噛み」であり、出来レースのようなのだ。
全面対決の危機は逃れ、ホッとしているが、何やら、うさん臭さが残るのである。
このうさん臭さ、について、今後も追求していきたい。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。