記事

1.17阪神淡路大震災の教訓

[阪神・淡路大震災] 記録映像 いま伝えるあの日(出所:|NHK)
https://youtu.be/KzGw4PFHDJY

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。我が国の伝統精神である「智勇仁」の三徳に基づき、「文武経」の政策を国家国民のために全身全霊で実現します。

 1月17日(金)午前5時46分、阪神淡路大震災が発災しました。震度7の激震が襲い、6434名がお亡くなりになりました。そして、その日から25年が経ちました。心より哀悼の誠を捧げたいと思います。

 政府では、阪神淡路大震災の教訓をまとめています。

 http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chuobou/senmon/kongo/1/2-5-01.html 

○ 死者の8割以上が家屋の倒壊や家具の転倒による圧迫死だった。  

○ 老朽住宅が密集し、道路も狭隘な市街地において、延焼によって多くの被害が生じた。

○ 建物の被害は主として現行の建築基準法の基準を満たしていない建物(昭和56年以前の既存不適格建物)に起こった。

○ 道路橋では昭和55(1980)年以前に建設されたコンクリート橋脚が破壊、崩壊したほか多くの鋼製橋脚に座屈を生じた。

○ 官邸への情報連絡をはじめとして、国全体の情報連絡・初動体制が遅れをとった。

○ 大震災直後には被害の確定情報が迅速に収集できず、死者数や建物倒壊数等の被害規模の把握が困難であった。

○ 地方公共団体相互の応援協定は一部についてはあったものの、要請・ 応援のシステムが円滑に作動しなかった。

○ 道路の損壊及び車両の集中による極度の渋滞に加え、鉄道及び港湾の損壊も著しく、要員、物資等の緊急輸送に著しい支障が生じた。

○ 物資・食料の受入は、被災自治体の市役所・区役所などで行われた。保管場所・人手不足の中での物資積み卸しはたいへん混乱した。

○ 被災地の医療機能が低下するなか、迅速な対応を要する負傷者の搬送活動が必ずしも十分に行われなかった。

○ 患者搬送にあたっては最も威力を発揮するヘリコプターは、震災直後には十分活用されなかった。

○ 被災地域では、消火栓が使用不能となり、防火水槽のほか、プール、河川、ビルの水槽等の水も使われた。

○ ボランティアによるきめ細やかな諸活動の有用性(140万人が参加)が明らかになったが、受付窓口の開設や業務の振り分けなどの体制の整備、医療や建築技術、福祉など専門技術を提供する専門ボランティアの重要性が指摘された。   

○ 災害弱者の生活再建や商店等の経営再建に困難が生じた。

 以上の教訓を踏まえて、防災対策は相当程度進んできました。それでも、これで十分ということはありません。

  日本列島に住んでいる以上、今すぐにどこでも大地震に見舞われる危険性があります。だからこそ、自分の命を守り、家族や同僚の命を守り、地域で助け合うために、改めて日頃からの備えを怠らないようにしたいものです。

あわせて読みたい

「阪神・淡路大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。