記事

小泉環境大臣「とにかくほっとした」 育休取得については「前例のない事に批判はつきもの」と改めて意欲

 小泉進次郎環境大臣とフリーアナウンサーの滝川クリステルさんの間に第1子となる男の子が誕生していたことが17日朝わかった。小泉環境大臣は15日、出産から3カ月の間に2週間分の「育児休暇をとる」と発表していた。

 閣議後の会見で報道陣の質疑に応じた小泉環境大臣は「きょう1月17日、深夜になるが無事に元気な男の子が誕生したことを父親としても心から嬉しく、ほっとしております。母子ともに元気なことが何より。とにかくほっとした。安心した。そして立ち会えてよかった」と第一子誕生の喜びを語った。

 さらに自身の育休発言に対して賛否があることについては「公務最優先という気持ちに変わりはない。来週から国会が始まるので、国会が始まっていて本会議、閣議または予算委員会が入っていた場合は立ち会うことが叶わなかった可能性がある。立ち会えてよかった。賛否両論はあると思います。史上初の閣僚の育休の取得ということで、どんなことでも今までと違う前例のないことをやる時には批判はつきものだ」と話した。

 また大臣就任時にニュージーランドのアーデーン首相と話した内容にも触れ「アーデーン首相自身も首相在任時にお休みを取られた。その時にも賛否両論があったという経験談を聞いたが、それを乗り越えて今がある。社会が変わっていく一つになった。『あなたの場合は男性だから違った批判があるかもしれないが、最初にやる人はそういうものだ。それを乗り越えて頑張って』というエールを貰ったことも励みになった」と改めて育休取得に意欲を示した。(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶映像/喜びを語った小泉進次郎氏

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。