記事

センター試験 受験生を悩ませた珍問・奇問の歴史

大学入試センター試験で、受験生にリスニング用の機器を配布(写真/共同通信社)

 2021年からの英語民間試験と記述式の導入をめぐって揺れに揺れた大学入試センター試験が今年もやってくる。共通一次時代を含めると40年に及ぶ大学入試センター試験では、受験生を悩ませた珍問・奇問(?)の数々も少なくない。過去の例をいくつか紹介しよう。

●男と女の危ないラブゲーム

 2018年の英語のリスニングでは、会話を聞いて最も適切な絵を選ぶ第1問が秀逸だった。訳してみよう。男「見て。去年の春に撮った写真だよ」、女「綺麗なお庭ね」、男「そうでしょ。遠方にある摩天楼も綺麗でしょ」、女「そうね。ところで、あなたの横にいる女性は誰?」。問題作成者が会話する男女の関係を気にさせて集中力を削ごうとする作戦に出たのか、それとも試験中に笑わせてリラックスさせようとしたのかは不明である。

・試験で読み上げられた文とその和訳
M: Look! This picture is from last spring.
W: What a beautiful garden!
M: Amazing, isn’t it? And the skyscrapers in the distance.
W: Uh-huh. By the way, who’s the woman beside you?
男性:見て。去年の春に撮った写真だよ
女性:綺麗なお庭ね
男性:そうでしょ。遠方にある摩天楼も綺麗でしょ
女性:そうね。ところで、あなたの横にいる女性は誰?

●大怪獣ゴジラがセンター試験で大暴れ!?

 2011年、日本史Aで『ゴジラ』(1954年11月公開・東宝)のポスターを元に、1950年代の核兵器を巡る出来事が問題に。この年の3月に第五福竜丸がビキニ環礁で米軍による水爆実験に巻き込まれて被曝していた。選択肢b〈アメリカの水爆実験により、日本の漁船が被曝した〉、d〈被爆国の日本で、第1回原水爆禁止世界大会が開かれた〉が合っており、a〈アメリカの原爆実験により、ソ連の漁船が被曝した〉およびc〈日本に原爆を投下したアメリカで第1回原水爆禁止世界大会が開かれた〉は誤り。ちなみに、出題の2か月後、東日本大震災によって福島第一原発が爆発。放射性物質の放出を伴う原子力事故が起こった。

●スマホの内部はこうなっているんですね

 2017年、スマートフォンの国内出荷台数が過去最高(3199.4万台)に達した。その翌年、意外にも地理Bでスマホが登場。端末を分解して中身を見せ、国際特許出願件数、アルミ合金ケースの原料となるボーキサイトの生産量、リチウムの生産量について、国・地域とそれらが世界全体に占める割合が問われた。国際特許は欧米などの先進国、ボーキサイトは熱帯地域の南米、リチウムはオーストラリアとチリの2か国が8割を占める。ちなみに、分解されたスマホは元に戻るのだろうか……。

●こんなカッコでハロウィンに行かないでしょ!

 ハロウィンでの仮装が日本でも定着し始めてきた2012年、英語のリスニングでは不思議な絵が並び、ICプレーヤーから以下のような会話が流れた。女「ハロウィンパーティにスーパーヒーローの格好で行くの?」、男性「うん。マスクを作り終えたよ」、女性「頭全体を覆うの?」、男性「いや、でも長靴と手袋は手に入れた」。会話から最も適切な絵は判断できるが、この格好で渋谷を歩いても誰からも声を掛けられることはないだろう。

●現代社会の問題に飛び出した“プリプリ”

 2011年の現代社会では、第1問から「次の音楽番組での司会進行役の発言を読み、下の問いに答えよ」という珍問が飛び出た。問題文は、「ただいまの曲はプリンセス・プリンセスの『Diamonds』でした」から始まり、「次の曲は全国の受験生の皆さんへの応援ソングです。それでは皆さん、がんばって下さい!」で終わる。どうして“架空の司会者”を登場させたかは不明。実際は、下線部の前後と選択肢を対応させたり、表を読み解いたりすればいい問題ばかりで、プリンセス・プリンセスは直接的には解答と関係なかった。

●尾崎豊の歌は社会変革の原動力になり得るものである

 2008年の現代社会では、青年期をテーマとした第5問で尾崎豊と彼の過ごした時代背景が文中に登場した。〈彼の歌は、対抗文化の意義について、今も人々に考えさせるところがある〉と書かれ、「対抗文化」に下線が引かれた。問題は、その語句に関する記述として最も適当なものを選ぶ。答えは〈既存の秩序・体制を批判し、社会変革の原動力になり得るものである〉。もし尾崎がこの問題を読んだら、激しい戸惑いを覚えたに違いない。この年の現役生は尾崎が亡くなった1992年、まだ3歳の子供だった。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

あわせて読みたい

「センター試験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    選挙ファーストがもたらした3桁

    鈴木しんじ

  3. 3

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  5. 5

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    設楽 4億円豪邸で境界線トラブル

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 コロナ報道に言及

    小林よしのり

  9. 9

    都知事は東京アラート再発動せよ

    早川忠孝

  10. 10

    永寿総合病院の謝罪は必要なのか

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。