記事

米小売売上高、12月は0.3%増 3カ月連続プラス


[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日発表した2019年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致した。3カ月連続で増加した。家計は自動車以外おおむね購入を増やしており、19年末時点で米経済が緩やかに成長していたことを示す。

11月の小売売上高は0.3%増と、当初発表の0.2%増から上方改定された。12月の前年同月比は5.8%増だった。

自動車とガソリン、建材、食品サービスを除いたコア指数は前月比0.5%増だった。11月は0.1%減少に下方改定された。コア売上高は国内総生産(GDP)の消費支出に最も大きく連動するとされる。

米小売り大手ターゲット<TGT.N>やコールズ<KSS.N>、JCペニー<JCP.N>、メーシーズ<M.N>は来店客の減少で年末商戦期の売り上げが減っていた。

先週発表された12月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が鈍化し、賃金の伸びが前年同月比で3.0%増を下回ったものの、高い貯蓄率や住宅価格の値上がり、好調な株式市場を背景に、11年目に入った過去最長期間の景気拡大が続くことになりそうだ。

米経済の3分の2以上を占める個人消費は第3・四半期に年率で3.2%増だった。第4・四半期は2.5%増かそれ以下に減速すると予想されている。第3・四半期GDPは2.1%増だった。第4・四半期のGDP予想は最大2.5%増となっている。輸入が減少し、貿易赤字が減ることが一因だ。

12月の小売売上高の内訳は、自動車が前月比1.3%減と1月以来の減少率だった。11月は1.5%増加していた。ガソリンスタンドは2.8%増。ガソリンの値上がりを反映した。オンライン小売りは0.2%増。11月は横ばいだった。電子・家電は0.6%、建材は1.4%、衣料は1.6%、家具は0.1%それぞれ増加した。外食は0.2%増えた。運動・娯楽は0.9%増加に転じた。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。