記事

韓国、対北朝鮮政策で米と連携を=駐韓米大使


[ソウル 16日 ロイター] - 米国のハリス駐韓大使は16日、北朝鮮への対応について、制裁につながる「誤解」を避けるためにも、韓国はいかなる計画も米国と設立した作業部会を通じて実行すべきと述べた。

米国と韓国は、時に温度差が出る対北朝鮮政策を調整するための作業部会を2018年に設立した。

米朝の非核化協議が停滞するなか、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、北朝鮮との関係改善に向け南北共同事業を推進を目指す姿勢をみせている。

ハリス大使は、北朝鮮への個人旅行再開など韓国の提案について、米国として公式な見解は持っていないと述べたが、米韓両政府が十分話し合うことが重要だと指摘。

「制裁発動につながるような誤解を避けるためにも、それを作業部会を通じて進めるほうが良い」と記者団に語った。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少女半裸で11時間撮影 社長逮捕

    阿曽山大噴火

  2. 2

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  3. 3

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  6. 6

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  8. 8

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。