記事

情報BOX:中国、証券業への外資出資規制を4月に撤廃 大手外銀の現状


[香港 16日 ロイター] - 大手投資銀行は4月1日から中国で証券会社に全額出資できるようになる。米中「第1段階」通商合意によって、規制撤廃期限が9カ月早まった。中国政府は2018年に証券会社への外資出資限度を51%に引き上げている。

以下は、大手外国銀行の中国証券合弁事業に関する状況。

<設立済み>

UBS<UBSG.S>:2018年の規制緩和で最初に中国合弁会社への出資率を51%にした。

HSBC<HSBA.L><0005.HK>:香港に本拠を置く企業を対象とした優遇措置を利用して2017年に過半出資の合弁会社を設立。

<当局の認可取得>

JPモルガン<JPM.N>:昨年12月に過半出資の新合弁会社設立の認可を取得。

野村ホールディングス<8604.T>:昨年11月に過半出資の新合弁会社設立の最終認可を取得。

<当局に申請中>

ゴールドマン・サックス<GS.N>:2018年に合弁会社への出資率を過半に引き上げることを申請。すでに業務の運営は同社が掌握。

モルガン・スタンレー<MS.N>:昨年8月に合弁会社株を2%追加取得し出資率を51%にする。当局の承認待ち。

クレディ・スイス<CSGN.S>:資本注入を通じて出資率を33.3%から51%に引き上げる計画を2019年4月に発表。当局の承認待ち。

<計画段階>

シティグループ<C.N>:少額出資している合弁会社への出資解消後、新たに全額出資の証券会社を設立する計画。

ソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>:従来の合弁計画を白紙にした後、全額出資子会社を設立する意向。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  5. 5

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  9. 9

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。