記事

弘中氏と高野氏、ゴーン被告の弁護人を辞任


[東京 16日 ロイター] - 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の弁護を担当していた弘中惇一郎弁護士は16日、東京地裁に対して前会長のすべての事件について辞任届けを提出した。所属する法律事務所が発表した。

また、ロイターが確認したところ、弁護団のうち、高野隆弁護士も辞任する。NHKによると、河津博史弁護士は引き続き弁護人を務める。 

ゴーン被告の弁護を巡っては、2018年11月の逮捕後から元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士らが弁護を担当したが、昨年2月に辞任。弘中氏らが選任された。

保釈中に不正に日本を出国したゴーン被告は8日、レバノンで記者会見し、自身を追放した人物として日産自動車の経営陣など6人を名指しで批判。逮捕は検察と日産に仕組まれていたと主張し、自らの潔白をあらためて強調した。

あわせて読みたい

「弘中惇一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  5. 5

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  7. 7

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  10. 10

    豊洲市場 なぜクラスター認めぬ?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。