記事
  • ヒロ

経営者アワードを創設しよう

1/2
日本には褒章という栄典があります。これは社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰するため、天皇から対象者に授与される(ウィキ)とあります。一般には議員や公的職務、あるいは特定、不特定を問わずにその努力が社会的に価値あるものとみなされた人を知らしめ、称えます。

褒章はおおむね一定年齢以上の方が対象である場合が多く、50代以下ではかなり少ないものであり、人生の後半にそれを評するということかと思います。この褒章については少なくとも私はその候補者の選択で議論があったことはあまり耳にしません。(多分あるのだろうと思いますが、表に出ないだけかもしれません。)

ノーベル賞は言わずと知れた名誉ある賞でありますが、自然科学の分野においてその研究成果が人類の発展にどれだけ寄与したかたたえられる賞であります。その中に経済学賞があるのですが、あれはノーベル財団が出しているものではなく、スウェーデン国立銀行がノーベル財団に働きかけて抱き合わせで行われてるものでノーベル経済学賞とは厳密には言いません。

文学の世界はどうでしょうか?上述のノーベル文学賞ほか、日本には芥川賞や直木賞をはじめ、各種賞があり、書籍の販売を促進させるためでしょうか、書籍の帯に〇〇賞受賞とか〇〇賞受賞作家と派手に銘打っています。

その他ファッションや自動車などさまざまな賞があるのですが、経営者に与えられる賞はローカルなレベルではあるのですが、国家レベルないし、世界レベルのものは少ないように感じます。(バンクーバーには女性経営者の賞はありますね。)なぜでしょうか?

江戸時代の士農工商という序列を考えてみると士農工までは比較的アワードが多いのですが、商になると金銭に目がくらんだお下品な身分ということだったのかもしれません。江戸時代において人数的には商の身分の人が圧倒的に多かったのですが、ある意味、その他大勢という一般階級的扱いが根にあるのでしょうか?

私の発声で創設させて頂いたバンクーバーのビジネス系NPOの日系ビジネスアワードはすでに17年間継続しており、当地ではよく知られた存在であります。ただ、この10年、私はそのアワード受賞に対する選考委員会のレベルがやや低いことに閉口しています。理由は選考基準が不明瞭で知名度による選択基準への偏重となるため、小売り、飲食関係が主体になってしまっているのです。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。