記事

仏大統領「安倍首相に懸念伝えた」、ゴーン被告の勾留状況巡り


[パリ 15日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は15日、レバノンに逃亡した日産自動車<7201.T>前会長カルロス・ゴーン被告(65)の日本での勾留状況を巡り、安倍晋三首相に懸念を伝えていたことを明らかにした。

マクロン氏は記者団に対し「ゴーン氏の勾留と取り調べの状況が申し分ないとは言えない旨を何度か安倍首相に伝えた」と語った。

ゴーン被告は今月8日の会見で、勾留中は「弁護士の同席なしに1日8時間にわたって尋問を受けた」などと主張した。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  4. 4

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。