記事

米中、「第1段階」通商合意に署名 中国は農産品など輸入拡大


[ワシントン 15日 ロイター] - 米中両国は15日、貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名した。一部関税措置を取り下げるほか、中国は米国からモノとサービスの輸入を拡大させ、1年半に及ぶ米中貿易戦争がようやく休戦に向かう。

両国は昨年12月、第1段階の合意に至った。米国は中国製の携帯電話端末、玩具、ラップトップコンピューターなどに対する関税発動を見送ると同時に、テレビや履物などを含む約1200億ドルの中国製品に対する関税率を15%から7.5%に引き下げることで合意した。ただ第1段階の合意後も、2500億ドルの中国製品に対する25%の関税措置は残るほか、中国も1000億ドルを超える米製品に対する報復関税措置は取り下げない。

トランプ大統領はホワイトハウスで中国の劉鶴副首相らと並び、「われわれは共に過去の過ちを正し、米国の労働者や農家に対し将来的な経済的な正義と安全をもたらす」と述べた。ただ交渉は今後も必要との認識を示した。

今回の合意では、中国が2年間にわたり追加的に少なくとも2000億ドル相当の米国の農産品、モノ、サービスを輸入すると確約。2017年の1860億ドルの輸入がベースラインとなる。

ホワイトハウスが公表した文書によると、中国が示したコミットメントには540億ドルのエネルギー、780億ドルの工業製品、320億ドルの農産品、380億ドルのサービスの追加輸入が含まれる。

今回の合意事項の実施方法を巡る米中間の意見対立は、二国間協議を通じて解決する。この協議はまず事務レベルから始め、トップレベルまで段階的に行う。もし協議で決着しない場合は、関税を含めた制裁のプロセスに入る。

ホワイトハウスの高官は記者会見で、両国の紛争解決プロセスについて、約90日を要するとし、双方が報復措置に動くことを回避するためのものだと説明した。

USTRのライトハイザー代表は記者団に、信頼に基づく協議を通じて適切な行動が取られるなら、両国とも報復には動かないと語った。

中国の習近平国家主席はトランプ大統領に宛てた書簡で、第1段階の合意を歓迎し、トランプ大統領と今後も緊密な連絡を続けていく意向を示した。さらに、米中が対話を通じて相違を解消し、解決策を見いだせることを今回の合意は示していると指摘した。書簡は劉副首相が署名式で読み上げた。

劉氏はまた、中国が第1段階の合意を順守すると言明し、今回の合意は両国だけでなく、世界にとり朗報と指摘。「今回の合意の下、中国国内市場の需要に応じて、中国企業は今後2年で年間400億ドル相当の米農産物を市場状況に基づき購入する」とし、「無論、市場の需要が旺盛であれば、中国企業は購入を拡大する」と述べた。また、米中両国が購入に良好な市場環境を整える必要があるとの認識を示した。

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はこの日、FOXニュースに対し、合意により米国の経済成長率は2020年と21年は0.5%ポイント押し上げられるとの見方を表明。

ただアナリストの間では、中国が輸入源を他の国から米国に移せるのか疑問が出ている。ロイトホルト・グループ(ミネアポリス)の首席投資ストラテジスト、ジム・ポールセン氏は「米中両国にとって交渉は大きく進展した」としながらも、「中国の輸入が大きくシフトする公算は小さい。今回示された目標の達成に大きく期待していない」と述べた。

また、アナリストや専門家の間では、米中の通商摩擦を引き起こした構造的な問題には対応しておらず、世界経済の減速につながった関税が全て撤廃されたわけではないとの声や、達成が難しい輸入目標を掲げているとの指摘がある。

一方、今後の交渉について、トランプ大統領は米中が「第2段階」の合意に達し次第、すべての関税措置を解除すると表明。「第3段階」の合意はないとの見方を示した上で、「交渉の切り札のために関税措置を残すが、第2段階の合意が得られ次第、解除する」と述べた。このほか、それほど遠くない将来に訪中する方針も示した。

米中が第1段階の通商合意に署名したことで緊張緩和への期待が高まり、世界的に株価が上昇するなどの動きが出た。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「貿易」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。