記事

少年院に在院する少年たちに、投資家と起業家が語ったこと

1/2

大きなスクリーンを前に背筋を伸ばして座る少年たち。誰一人として私語をすることなく、前方に立つ二人の大人を見ている。少年院という独特の緊張感ある場でも、二人の登壇者はにこやかな表情で、少年たちを見つめている。

JR長岡駅から車で20分ほどの山間にある新潟少年学院。ここは16歳から20歳までの54名(2019年12月20日現在)が在院している少年院だ。

この日は、全国の少年院で行われる講話のなかでも非常に珍しいセッションが行われた。登壇者のひとりは、株式会社サムライインキュベート代表取締役の榊原健太郎氏。創業・シード期に特化して出資・インキュベーションなどを行っている。

もうひとりは、関東圏において介護領域で事業を拡大させている若き起業家の田中氏(仮名)だ。田中氏は、過去に少年院に収容されていた経験を持つ。

榊原氏に、このセッションを企画立案した理由を聞いた。

「日本、イスラエル、アフリカで起業家支援をしている。常にチャンスが少ないひとにチャンスを創りたいと考えて事業を行っている。まさに少年院の少年たちはそういう人たちだと思う。さらにインパクトが大きいため、多くのひとが注目して動き始めるきっかけになったらいい。きつい環境のひとでも変われることを証明したい。」

と話す。投資というと10代後半から20代の起業家をイメージするが、榊原氏はこれまで13歳や58歳の起業家にも投資してきた。金銭的な投資とリターンだけでなく、負の連鎖を止めるきっかけを作りたい。少年院の出院後に就職ができなかったり、引き受け先がない少年がいることを聞いて、やらなければならないと考えたという。

友達に声をかけるのも怖かった幼少期

少年院での講話と聞けば、檀上から講師が話し続け、途中や最後に質疑を行うことが多いのではないか。しかし、本セッションでは、事前に在院少年に質問を取り、その質問に回答する形式を採用した。

冒頭、榊原氏は少年たちに向かって自己開示をした。職人気質で寡黙な父親と過保護の母親のもとに育ち、友達を遊びに誘うことすら断られるのが怖くてできなかった幼少期、バレンタインデーのお返しすらも母親の力を借りたこと。そしてとにかくいじめられないように生きてきた。

その当時の写真がスクリーンに映し出されると、笑っていいのかどうかわからない気持ちと、その写真のインパクトの間で、何かを押し殺すような、しかし止められないような笑いが生まれた。

そして、そんな自分を変えようとした二つの原点を話す。ひとつは、父親の職業柄、葬儀によく付き合いで両親が参列するとき、一人寂しく食べた夕食のこと。自分の葬儀の際、付き合いではなく、誰よりも感謝されてその日を迎えたいと考えた。

もうひとつは、小学校の運動会で務めた応援団長。過去の記憶の中でもっとも自分が輝いていた記憶。リーダーとして仲間を応援する楽しかった記憶。大学生になったとき、そんな記憶と自分と照らし合わせて、変わらないといけないと考えたという。

その場で泣いた、少年院送致の決定

少年時代からスポーツに打ち込み、学年が上の年代でもレギュラーを務めるほどであった田中氏は、中学時代から友人らとバイクを盗んだり、煙草を吸うこともあったと言うが、それでも「歯止めが効いていた」環境でもあったと話す。

「悪いこともしていました。しかし、このラインを越えてしまうとスポーツを続けられなくなってしまう。」

そのスポーツの先に将来を見ていた田中氏の「歯止め」が効かなくなったのは高校生になってから。強豪校の顧問に声をかけられ進学した先の部活だが、その顧問が変わってしまっていた。「素人に指導されることに耐えられなかった」田中氏は、勢いで退部する。しかし、これまでの目標が崩れ、判断基準が揺らいでしまう。

「部活を辞め、どうしていいのかわからなくなりました。遊ぶのが楽しく、夜に友達と徘徊するようになった。判断の軸がなくなり、楽しいか楽しくないかで行動するようになり、それが犯罪であるかどうかは関係なくなってしまいました」

部活を退部してほどなく、田中氏は少年院に収容されることになる。少年院に行くことはないのではないかと考えていた田中氏の目の前に突き付けられた結論は少年院送致。その決定を聞いて、その場で泣いてしまった。「まさか!」という思いと「人生終わった」感情が交錯した。

二人への質問
「今」になる「分岐点」はなんですか?

田中氏:少年院に入っても、最初はうまいことやって、先生(法務教官)にいい顔して出院すればいいやと思っていました。ただ、ある日、少年院に入る前の自分と何も変わってないことに気が付いたんです。

そのとき「助言」(他の少年に助言すること)を積極的にするようにしました。「〇〇さん、この部分はちゃんとやった方がいいですよ」というものです。また、当月掲げた目標に対して、自分はこうしたという発表もしっかりするようになりました。

すると、「田中さんは先生に評価してもらおうと思ってこのような発言をしていると思います」というような言葉をもらいました。それについて先生に文句を言ったとき「お前が正しいと思っているのなら続けなさい」と言われました。

少年院の出院が近づいたときは、学級委員のようなものをしていたのですが、過去の集団不正がバレてしまい、自分もそこに加担していたのですが、先生に「やってません」と嘘をついてしまいました。そのとき、先生が僕に「言いたいことがあるならいいなさい」と言ってくれたんです。

その件について先生に謝罪し、毎月面会に来てくれる家族にも謝れるようになりました。親から「謝ってきてくれてありがとう」と言われました。それが分岐点です。そこから自分を本気で変えて行こうと思いました。

起業するにあたって一番大きな壁、準備は何をすればよいか

榊原氏:とりあえず起業するというひとは少ないです。誰の課題を解決するのかを決めるのがいい。山で遭難するひとをなくしたい、いじめをなくしたいでもいい。いろいろなひとが課題を持っているので、それを見つけて、あなたはどれを一番解決したいかを考えてみましょう。それがないと起業はうまくいきません。

田中氏:介護領域で会社を経営していますが、病院にいるときにはよいサービスがあっても、退院すると医療の専門家が不在のサービスになってしまうことがあります。その課題を解決しようと思って私は起業しました。

起業をしようと踏み込めた大きい理由と失敗を考えなかったのかを聞きたい

榊原氏:自分をどれだけ信じられるか。

田中氏:少年院にいた経験が大きいです。いろいろやりたいことが制限される世界の経験と比べたら、外の世界のつらさは大したことがない、飛び込めます。

榊原氏:できるかできないかでなく、やるかやらないか。自分を信じるしかありません。みなさんが少年院にいることを前向きに、少年院をきっかけに、自分にはこれができるんだと考えられるようにしてください。

ひとを見るときに気にするポイント。信頼できる取引相手の条件は

田中氏:スタッフを雇用するときだと、感覚が近いひと。履歴書を丁寧に書いているかなど。

榊原氏:連絡の応答が早いひと。自分で悩みを抱え込まないひと。すぐに回答できなくても、いついつまでに返信しますと返せるひと。他には、過去の失敗経験を言語化して、どうカバーしたのかを素直に伝えられるひとかどうかを見ます。

これからの世界はITとどう関係していくのかという話を聞きたい

榊原氏:ケニヤやナイジェリアなど、アフリカは動物がいっぱいで、注射を打たないと難しい病気にかかるイメージかもしれませんが、いまは以前に比べてとても安全です。経済も延びています。Uber知っているひといる?いますね。いまアフリカでも広がっています。理由は誰でもタクシードライバーになれるからです。アフリカの平均月給は3万円ですが、Uberだと7万円です。

そのようなIT化が進むと、現金が見えなくなるので街が安全です。また、ドライバーの評価があるので、悪いことをするひとが少なくなります。新しいテクノロジーが困っているひとの問題を解決していることを感じています。

榊原氏への質問
20歳前後のとき、どのようなことを考え、将来についてどう考えていたか

榊原氏:田中さんのお話を20代で聞きたかったです。その頃、私は社会人になるとはどういうことかをあまり考えていませんでした。必死に生きていける自信をつけようとしていました。

ほぼゼロからの起業(創業)はなぜできたのか。どうやってそこまでたどりついたのか

榊原氏:このままでは輝いていた頃のような応援団長になれないし、まずいと思ったから。そして、自分を信じ続けたことで今があるのではないか。

最初は自信がなかったとのことですが、自身をつけるために役立った「支え」は何ですか。

榊原氏:失敗すること。それがあるから、今日もみなさんの前で話をさせていただくことができる。自分を信じるしかありません。

「やるかやらないか」ではなく、最初に「やってもできない」と考えてしまうことを改善する方法

榊原氏:ここで自分がやらなければ、やらないことが連鎖してしまう。過去、現在、未来をちゃんとつなぐ意識を持つようにしています。

できない理由を「できる」に変えるために大切なことは

榊原氏:例えば、LINEで知人に告白する、つまり行動すること。小さなできないをできるにしていく。やってないことをまずやってみる。やってみて、できないことをできるようにする。それでもできないのであれば、できないことを伝えて、できるひとに助けてもらう。

あわせて読みたい

「少年院」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  8. 8

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  9. 9

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。