記事

2020年アカデミー賞、今年の賞レースみどころは? 『ジョーカー』が最多ノミネート

1/2
『ジョーカー』、『1917 命をかけた伝令』、『パラサイト 半地下の家族』が第92回アカデミー賞の最多ノミネーションを獲得。(Photo by Wilson Webb/Netflix; Andrew Cooper/Columbia Pictures; CJ Entertainment)

第92回アカデミー賞ノミネート作品が発表された。最多ノミネートを果たしたのは『ジョーカー』で、『1917 命をかけた伝令』、『パラサイト 半地下の家族』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と『マリッジ・ストーリー』も主要部門で複数のノミネーションを獲得している。

『パラサイト 半地下の家族』、『ジョーカー』、『1917 命をかけた伝令』が米現地時間2月9日に開催される第92回アカデミー賞で作品賞をはじめとする複数の部門で競い合うことになった。

上記3作品に加え、作品賞には『フォードvsフェラーリ』、『アイリッシュマン』、『ジョジョ・ラビット』、『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』、『マリッジ・ストーリー』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がノミネートされた。

今年の賞レースをリードするのは、合計11部門でのノミネートを果たした『ジョーカー』だ。ノミネーションには、監督賞(トッド・フィリップス監督)、主演男優賞(ホアキン・フェニックス)、脚色賞(トッド・フィリップスとスコット・シルバー)が含まれる。それに対し、『1917 命をかけた伝令』と『アイリッシュマン』はともに10部門でのノミネーションを獲得。『1917 命をかけた伝令』のサム・メンデス監督と『アイリッシュマン』のマーティン・スコセッシ監督が監督賞にノミネートされる一方、ともに『アイリッシュマン』に出演したアル・パチーノとジョー・ペシが助演男優賞を競い合う。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、10部門にノミネートされる結果となった。レオナルド・ディカプリオが主演男優賞、ブラッド・ピットが助演男優賞にノミネートされるなか、クエンティン・タランティーノ監督は監督賞と脚本賞の両方へのノミネーションを獲得。同様に高評価を得たのは『パラサイト 半地下の家族』で、6部門にノミネート。同作は、作品賞に加えて国際長編映画賞にもノミネートされ、ポン・ジュノ監督も監督賞と脚本賞にノミネートされている。

『アイリッシュマン』のスコセッシ、『ジョーカー』のフィリップス、『1917 命をかけた伝令』のメンデス、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のタランティーノ、『パラサイト 半地下の家族』のジュノと、監督賞にノミネートされた全員が2年連続で男性であるのは特筆に値する。

主演男優賞部門では、第77回ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を受賞した『ジョーカー』のホアキン・フェニックスがダブル受賞を狙いながらも、『Pain and Glory(原題)』のアントニオ・バンデラス、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のディカプリオ、『マリッジ・ストーリー』のアダム・ドライバー、『2人のローマ教皇』のジョナサン・プライスと競い合う。対する主演女優賞は、『ハリエット』のシンシア・エリボ、『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のシアーシャ・ローナン、『スキャンダル』のシャーリーズ・セロン、『ジュディ 虹の彼方に』のレニー・ゼルウィガー、『マリッジ・ストーリー』のスカーレット・ヨハンソンのバトルとなる。

スカーレット・ヨハンソンは『ジョジョ・ラビット』で助演女優賞にもノミネートされるという、レアなダブルノミネーションを達成。助演女優賞部門では、『リチャード・ジュエル』のキャシー・ベイツ、『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーン、『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のフローレンス・ピュー、『スキャンダル』のマーゴット・ロビーと競い合う。助演男優賞部門には、『アイリッシュマン』に出演したパチーノとペシ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のピット、『A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)』のトム・ハンクス、『2人のローマ教皇』のアンソニー・ホプキンスが名を連ねている。

音楽に関しては、『ジョーカー』のスコアを手がけたチェロ奏者・作曲家のヒドゥル・グドナドッティルが第77回ゴールデン・グローブ賞の作曲賞受賞に続き、アカデミー賞の作曲賞受賞という歴史的偉業に挑む。それに対し、ランディ・ニューマンは『マリッジ・ストーリー』で作曲賞に、『トイ・ストーリー4』の劇中歌「君のため」で歌曲賞(主題歌賞)に、とダブルでノミネーションを獲得した(歌曲賞には、『ライオン・キング』のビヨンセと『キャッツ』のテイラー・スウィフトというお馴染みのヒットメイカーたちが意外にも含まれていないことに注目)。そのほかにも『ロケットマン』からエルトン・ジョンの「(Im Gonna) Love Me Again」、『Breakthrough(原題)』からダイアン・ウォーレンの「Im Standing With You」、『アナと雪の女王2』からクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペスの「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」、『ハリエット』からジョシュア・ブライアン・キャンベルとシンシア・エリボの「Stand Up」がノミネートされた。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  4. 4

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  5. 5

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

  8. 8

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  9. 9

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。