記事

低迷フジ救う長澤まさみ無双 出演映画3作で興収130億円に

「彼女は昨年が大厄だったのですが、その活躍ぶりはキャリアハイとも言ってもいいくらいの存在感を示していました。特に映画については、唯一無二の存在になりつつありますね」(映画関係者)

1月3日に発表された、第62回ブルーリボン賞のノミネート。そのなかで昨年出演したすべての作品が名を連ねていたのは、長澤まさみ(32)だ。

「主演女優賞にノミネートされている『コンフィデンスマンJP』は興収約30億円、作品賞と助演女優賞にノミネートされている『キングダム』が約57億円、『マスカレードホテル』が約46億円。3作品で約130億円ですからね。まさに“稼げる女優”ですよ」(芸能事務所関係者)

3作品のうち、『コンフィデンスマンJP』に関してはすでに続編も撮影済み。今年の5月1日に公開される予定だ。

「次作も最低で興収30億円を見込んでいるそうです。フジテレビとしては『踊る大捜査線』や『海猿』以来の続編モノとして、シリーズ化したい意向。すでに次回作の構想もあって、ロケ地の候補にはハワイが挙がっています。長澤さんの希望らしいのですが、聞かざるを得ないでしょうね。低迷するフジにとって、彼女は“救世主”のような存在ですから……」(テレビ局関係者)

現在は大森南朋(47)、田中哲司(53)といった生粋の舞台役者とともに舞台『神の子』に出演中。ここ数年、必ず年1本は舞台にも出演している。

「今年5月には新国立劇場でひとり芝居にも挑戦するなど、意欲的に女優としての幅を広げようとしていますね。昔は沢尻エリカさん(33)と比較されていましたが、今や長澤さんに並ぶ女優なんてそういません。格の面でもギャラの面でも、米倉涼子さん(44)や天海祐希さん(52)クラスではないでしょうか」(舞台関係者)

今年は女優生活20年を迎えるが、活躍の場はまだまだ広がりそうだ。

あわせて読みたい

「長澤まさみ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「肺炎拡大の覚悟を」医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  4. 4

    AV出演者 作品の二次使用に課題

    AbemaTIMES

  5. 5

    募ると募集違う? 首相答弁が波紋

    女性自身

  6. 6

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  7. 7

    プロ野球の投球間隔は「長すぎ」

    WEDGE Infinity

  8. 8

    元徴用工は韓国に賠償請求せよ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「共産市長NO」巡る立民の不誠実

    田中龍作

  10. 10

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。