記事

親や友達とも十分なコミュニケーションが取れず、繰り返した自殺未遂。先天性の病気のため?真莉の場合【生きづらさを感じる人々32】

1/2

LINEが提供し始めた「オープンチャット」(オプチャ)という機能がある。LINEグループとは違い、見ず知らずの複数人のユーザーとチャットを楽しめる。当初は、出会い系投稿対策で、一時、運営側は公式検索機能をクローズした。そのため、非公式のオプチャ検索ページができていたこともある。最近、ようやく公式に検索ができるようになった。

筆者も当初から、メンタルヘルスに関連するオプチャを作っていた。特にルールを設けていなかったため、参加人数が増えると、タイミングによっては話したいことを話せない人が出てきていた。そのため、自由な投稿がされるよう、別のオプチャの宣伝も許容していた。

ある時、参加者の一人が、自身が管理するオプチャの宣伝をし、関心を持った別のユーザーがそこに参加した。それ自体、何も問題がないが、そこで、セクハラと受け止められるやりとりがなされた。それによって、当該オプチャへ参加したユーザーの一人が傷つき、自殺未遂をするということがあった。

オープンチャットを抜けます。私は生きちゃいけない

筆者は、オプチャを開設したことをブログに書いた。未遂をした大学生の真莉(仮名、21)は、チャットルームの名前でネット検索をして拙ブログにたどり着き、そこから連絡を取ってきた。

〈いろいろあったので、オープンチャットを抜けます〉

というLINEのメッセージが送られてきた。私もトラブルがあったオプチャに参加しており、事情を知っていたので、仕方がないと思っていた。このやりとりを通じて、筆者が真莉を取材することになった。ただ、その数週間前に、こんなLINEのメッセージが送られてきた。

〈すみません。私、やっぱり行けません。このまま死にます。今回オープンチャットで叩かれてよくわかった。私は生きちゃいけない…〉

メンタルヘルス系のチャットが荒れることは珍しくはない。かつて、Yahooチャットが盛り上がっていた2000年代前半の頃、「健康」というカテゴリーには、様々なメンタルヘルス系のチャットルームが作られた。誰もが自由に入れる部屋が多かったため、荒らされることも多かった。私はそれを思い出していた。

真莉は結局、自殺未遂をして、精神病院に入院することになった。そのため、取材は当面できないと思っていたが、〈なんでも話をします〉というメッセージが送られてきたため、再度、取材の日程を調整した。

先天性の病気。周囲との違和感。いじめも受けた小学生時代

真莉は、安心できる場を経験してこなかった。先天性の病気があり、生まれてから幼稚園に入るまで、ずっと入院をしていたのだ。

「自分で食事するのも難しかったんです。入院が長かったので、親とのコミュニケーションも十分にできませんでした。私にとっては、家庭が安心できる場ではなかったんです。今でも、家は、他人の家のようです」

こうした経験が、真莉自身がコミュニケーションを苦手に感じるベースにある。どう話していいのか、どんなタイミングで話せばいいのか、といった初歩的な経験をしていないのだ。

「小さい時の出来事が念頭にあるんじゃないかと思っています」

周囲に違和感を抱いたのは小学校の頃からだった。たまに話しかけられたり、輪に入れてくれたこともあったが、自分からクラスメイトに話しかけることが苦手だった。

「何を話せばいいのか、話しかけるタイミングもわかりませんでした」

5年生のとき、机の引き出しの中身を全て出されてしまい、そのまま放置されたことがあった。加害者は5人。それ以外のクラスメイトは見てみぬふりをしていた。

「クラスは荒れに荒れていました。学級崩壊です。先生の統制も取れていません。荒れた瞬間は、担任以外の先生が入ってきましたが、いつもではありません。一度だけ、教頭先生に相談したことがありますが、クラスの雰囲気は変わりませんでした」

6年生のときは、加害者とは別のクラスにしてもらった。これでいじめの被害を受けることはなかった。しかし、やはりクラスの輪に入ることが難しい。違和感は続いていたのだ。

中高時代は吹奏楽部に所属。やはり輪に入れない

中学になってもそれを引きずる。吹奏楽部に入った。3年間で、最大40人の部員がいた。パートはパーカッション。1年生だけで8人のメンバーだった。

「やはり、輪に入ることができずにいたんです。部活自体は楽しいんです。何か言ってくれる先輩はいたんですが…」

クラスにも友達はいなかった。先天性の病気のためか、真莉の話し方には特徴がある。ゆっくりで、滑舌がよいとは言えないが、それをクラスメイトが真似た。

「バカにされました。風邪で休んだことはありましたが、基本的には、学校は休みませんでした。だって、休むのは負けだと思うから」

真似をされ、バカにされるということは、いじめだろう。先生に助けを求めることもあったが、具体的な「助け」にはならなかった。

高校に入っても友達はできずにいたが、吹奏楽部に入ることにした。

「でも、先輩から悪口を言われたんです。いろいろ言われました。だから3ヶ月でやめました。先生とか、別の先輩からフォローされましたが、もっといじめがきつくなったんです。あまりいい気がしませんでした。どうして私ばかりそういう目に遭うの?」

あわせて読みたい

「メンタルヘルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  5. 5

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  9. 9

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

  10. 10

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。