記事

「圭さんと結婚します」の言葉を国民は祝福する

2/2

今の若者には珍しいほど勤勉で誠実な姿が見えてくる

振り返ってみれば、秋篠宮も、「このままでは納采の儀は行えない」「娘とはそのことで話し合ってはいないが、延期から2年になる2月には何らかの発表をしたほうがいい」と、苦言を呈してはいるが、やはり一度も、公に「この結婚は許さない」といったことはない。

母親の紀子さんも、娘の体調を心配してはいるが、やはり公の場で、この結婚に反対だと語ったことはない。

これまで報じられてきた「紀子さんは小室母子が嫌い」「美智子皇后(当時)も、2人を別れさせたほうがいいとお考えだ」というのは、ほとんどが宮内庁関係者や秋篠宮家を知る事情通らが語った、伝聞情報ばかりなのである。

そうした報道の中にも、いくばくかの真実はあるとは思うが、ハリー王子夫妻が、英国の王室担当記者が世界から「信頼の置ける情報源」とみられているのは「誤解」だと指摘しているように、その多くは「誤報」か「メディア側に都合のよい伝聞」ばかりなのである。

そうしたものを取り払って、2人の納采の儀延期以来の年月を思い起こしてみると、今の若者には珍しいほど勤勉で誠実な姿が見えてくるはずである。

非の打ちどころのないとまではいわないが、2人の婚約、結婚を祝うことに、私はいささかのためらいもない。

「眞子さまは小室圭さんを諦めない」

確かに、小室の母親と元婚約者との400万円をめぐるトラブルはまだ解決はしていない。この結婚問題に突き刺さっている棘(とげ)である。

報道によると、小室の代理人である弁護士と、元婚約者の代理人との間で、もし払うとしたら、どういう名目にするのかを含めて、話し合いはストップしたままのようだ。

たかが400万円、されど400万円である。持てる者にはたかがという額であろうが、定職もなく、息子は大学へ留学している母親にとっては、重い金額である。

話し合いで解決するといったのだから、一時金としてできるだけの額を払い、後は小室圭が働いて返していくという形でまとめたらどうか。元婚約者のほうも、いつまでもゴネていると、カネではなく、この結婚を潰すことが目的ではないのかと勘繰られる。

以上のことから、私は、早ければ年内に結婚という発表があると考える。

小室圭と同じ年だから眞子さんは来年30になる。女心として、三十路までには結婚したいと思うのは自然であろう。

文藝春秋(2月号)も、「眞子さまは小室圭さんを諦めない」というタイトルで特集を組んでいる。

文春は、深刻なのは母親・紀子さんと眞子さんとの“亀裂”が大きくなっていることだと見ている。2013年頃、秋篠宮夫妻と小室圭が初めて会ったとき、心から歓迎したのは紀子さんだったという。

「秋篠宮さまは、まだ二十二歳の娘のご結婚話を、当初から冷静に受け止めていましたが、紀子さまのほうは、圭さんをすぐに気に入られ、絶賛されていました。『こんなに素晴らしい方はいない』『(結婚相手として)理想的』とまでおっしゃっていた。眞子さまは恋人を認めてもらえたことに、心から喜ばれていました」(秋篠宮家関係者)

母娘の仲が決定的になった一昨年の誕生日会見

だが、金銭トラブルが起きて、紀子さんの高い評価が一変した。父親が自殺したことや宗教問題についても、秋篠宮家が知ったのは週刊誌報道の後だった。

秋篠宮も「誠実とはいえない」と不満を漏らすようになったという。

2018年2月6日、加地隆治宮務主管が「納采の儀の延期」を発表する。また、その時配られた、眞子さんが書いたといわれる「お気持ち」では、

「色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。(略)二人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております」

と率直に述べている。

だが、充分な時間をかけて深めて行けば結婚できると考える眞子さんと、小室圭関連の報道を問題視する秋篠宮夫妻とでは、このあたりから考え方のズレが生じてきたようである。

天皇皇后(当時)の考え方はまた違っていたという。

「これは眞子さまの内心に触れる事柄であり、何人といえども、恐らくはご両親殿下でさえ眞子さまのお考えを待つ以外ない」

そうして母と娘の仲が決定的になったのは、一昨年の秋篠宮の誕生日会見だった。

同席した紀子さんが、「長女の体調がすぐれないため、大丈夫だろうか、どのような思いで過ごしているだろうかと、心配でした」と語ったことが、「結婚賛成から反対に回り、眞子さまを悩ませているのは他でもない紀子さま。眞子さまは、母親は世間体を気にしているだけで、本当に娘を守ろうとしているわけではないと受け止めてしまわれたのです」(宮内庁関係者)

「小室圭さんと結婚します」と公表すれば、国民も祝福してくれる

私にも経験があるが、実の娘と母親との喧嘩(けんか)は、父親が入る余地がないほど激しく、お互いが絶対譲らないから、不仲は長引くことが多い。

秋篠宮家は、「姉の希望がかなう形になってほしい」と願う佳子さんと眞子さん、一歩引いた秋篠宮、孤立を深める紀子さんという図式になっていったようである。

文春は、この難題を解決するには、秋篠宮夫妻が何らかの決断をするべきだと結論付けるが、「秋篠宮家の家族のなかで、『お考えがいちばん一貫しているのは眞子さま』」(宮内庁関係者)で、その彼女が、「小室圭さんを諦めない」と考えているのだから、自ずと答えは決まっていると思う。

それに、文春も書いているが、小室圭の母親の金銭トラブルは、小室圭がいっているように、「元婚約者には借用書がなく、解決済み」だと、眞子さんも考え、当時、小室家と元婚約者が話し合った際の音声データを彼女も聞いていて、「法律的に問題がない」と思っているという。

秋篠宮夫妻が「法律的な問題ではなく道義的な問題だ」と説いても、聞いてはくれないようだ。この辺りのことは気にはなるが、大事の前の小事と考えたい。

ここへきて更なる延期はあり得ないだろう。そうなれば、眞子さんの皇籍離脱ということも現実味を帯びてくるかもしれない。

秋篠宮夫妻も、そこまで彼女を追い込むことは考えていないと思う。男親というのは最後には、娘の望みをかなえてやりたいと思うものだ。

眞子さんが「私は小室圭さんと結婚します」と公表すれば、多くの国民も、彼女の真心と忍耐、決断力を祝福してくれると、私は思っている。(文中一部敬称略)

----------
元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任する。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)などがある。
----------

(ジャーナリスト 元木 昌彦)

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  6. 6

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  9. 9

    機械オンチが「スマホ格安プラン」でつまづくポイントは? 「povo」に契約変更してみた

    NEWSポストセブン

    07月24日 08:45

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。