記事

年金高齢者が採算度外視で格安のお店をやりつづける功罪

1/2


本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと110円ですが年間のマガジンだと4054円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

 1 情報発信手段は今後動画に移行していくのか
 2 BASEやミンネでオリジナルアクセサリーをもっと売るには
 3 アメリカに対する日本のスタンスについて
 4 ケトルベルの効果
 5 高齢者事故率データの捉え方について
 6 高単価ビジネスにキャッシュレス化は必要か

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

こういう記事を見つけました。

10歳で家を出され、57歳で原付日本一周の旅へ。激安ワンコイン食堂を切り盛りする「はっちゃん」の経営哲学とは?

一日にくる客は30人くらい。客が来れば来るほど赤字だから、そんなに来ない方がいいんだ(笑)。自分の健康のために働いてるようなもんだからさ。動かないとダメだから。
――お客さんが来れば来るほど赤字なんですか?
そうだよ。500円じゃこんだけのものは食べられないよ。毎月7万円くらい赤字で、それは年金から出して補填してるんだ。それで17年くらいお店をやっている。65歳からやっていて、今もう83歳だからね。お金はもういらないと思っているからさ。貯めるつもりがないからやっていけるんだ。

はじめに言っておくと、このおばあちゃんは素晴らしい。でも、そうは言えないモヤモヤする部分もある。本日はそれをまとめたいと思います。ただひとつ、記事では「経営哲学」とあるが、これは経営ではなくて「ボランティア」か「趣味」です。

まず、厚労省のデータを見てみます。平成28年度の資料ですが、外食に掛けるお金は



となっていまして、年収734万以上は年収244万以下の3.5倍以上外食してる。と、ここまでは単に面白いから出しただけ。

外食費(食事代のところ)の支出はそれほど変わってないのに



事業者数は減っていますが従業員数はそれほどでもなく、大手企業の占有化が進んでいることが分かります。ついでにいうと飲食・サービス業ではロットやAIの導入はまったくないようだし、これからも導入は一番あとになると言うこと。つまり労働人口不足です。

そして世帯主が高齢になるほど明確に外食率が下がるので、これからの日本の飲食業は少子高齢化が爆走している今、お先真っ暗・・・・

そしてここからが肝心ですが・・・・飲食店の経営者を見ると

1 個人経営の経営者の4人に1人が70歳以上。60歳以上で過半数を軽く突破
2 会社組織でも60歳以上の経営者は44(株式)〜52(有限)%

平成28年だからいまはもっとずっと年齢上がってると推測できます。そして



個人経営では後継者無しが6割超え・・・・全体でも4割が後継者なし。でもね。

個人経営では土地建物が自己所有が過半数だから経営できてるの。借地だけど建物は自己所有含めると6割です。

これから推測できることですが、

1 個人経営の飲食店は高齢者が過半数
2 ということはみなさん年金は貰ってるらしい
3 後継者なしが非常に多く、その代でおしまい

高齢の飲食店オーナーがやってた格安の天ぷら屋さんが閉店したり、似たような話は良く聞きます。年金を貰っていて自己所有の土地建物であれば食材の仕入れ分と光熱費しかかからず、自分の給料もいらないということならそりゃ安く提供できるからお客は喜びますよね。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  4. 4

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  5. 5

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  7. 7

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  8. 8

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。