記事

マイクロソフト、OSの重要アップデート配布 当局が欠陥指摘


[ワシントン 14日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は14日、米国家安全保障局(NSA)に基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の重大な欠陥を指摘されたことを受け、重要なセキュリティーアップデートの配布を始めた。NSA当局者が明らかにした。

マイクロソフトによると、この欠陥により、ウィンドウズの一部バージョンでデータの認証に使われるデジタル証明書をハッカーが偽造できる可能性があり、ウィンドウズのシステムやユーザーに深刻な影響を及ぼす恐れがあるという。

NSAとマイクロソフトは、この欠陥がこれまでに悪用された証拠は見当たらないとしたうえで、ユーザーに対し早急にアップデートを適用するよう促した。

NSAは、過去にもマイクロソフトにソフトの欠陥を指摘したことがあるとしているが、指摘した事実を公にするのは今回が初めて。

あわせて読みたい

「Microsoft」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。