記事

グーグル、2年以内に広告目的のクッキー利用制限へ


[14日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>子会社グーグルは、今後2年以内に同社のブラウザ(閲覧ソフト)「クローム」でターゲティング広告のためのクッキー(ネット閲覧履歴のデータ)利用を規制する計画だ。個人情報保護強化を求めるユーザーからの声に対応する。14日にブログで明らかにした。

対象となるのは、いわゆるサードパーティー・クッキーで、広告ソフトウエア会社などが自ら運営していないサイトでクッキーを使ってユーザーを追跡することを制限する。

アップル<AAPL.O>は2017年、同社ブラウザ「サファリ」において既に同様の規制を実施している。ただスタットカウンター社によると、クロームの世界市場シェアは、サファリの3倍以上の約64%に達する。

グーグルが今回、2年という達成時期を明示したのは新情報だが、業界では数カ月前からグーグルがこうした規制に動くことは予想されていた。一方アナリストは、グーグルにはユーザーのデータ収集に関して多くの手段があるので、クッキー利用制限は同社自身の広告事業には大きな影響を及ぼさないとみている。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  4. 4

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  5. 5

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  6. 6

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  7. 7

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  8. 8

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。