記事

崩壊するビートたけし「大抵のことは許してもらえるオイラ」というキャラクター

1/2

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

1955年(昭和30年)生まれの筆者は、25歳だった1980年、1947年(昭和22年)生まれのビートたけし33歳を強い憧れの目で見ていた。芸人として図抜けた才能を持つ人だと感じたからだ。

筆者はその頃、ぺーぺーの放送作家であったにもかかわらず、幸運にもビートたけしが出演する『笑っている場合ですよ(フジテレビ)』の構成者となることが出来た。ビートたけしが回すコーナーの名は「ブスコンテスト」。彼自身の発案である。

誰がブスかを決めるコンテストに出る女性などいるものか・・・と、当時の筆者は思ったが、「出る人」は、ぎりぎりながらも存在した。無名時代の山田邦子も応募してきた。筆者とディレクターは、邦子にブスコンテストはやめて素人の芸人志望者がネタを披露するコーナーの方に出るように薦めた。

「ブスコンテスト」はコンプライアンス全盛の現在なら、ぜったいに放送出来ないコーナーだ。当時だってやるのはためらわれたからだ。テレビは女性の反発がなにより怖い。だが、ビートたけしならその反発が抑えられる、許されるとスタッフは計算していた。

関東で、漫才ブームのトップを走るビートたけしは、芸人のひとつの類型をもっていた。その類型とは、「大抵のことは言ってもやっても許してもらえるキャラクター」である。

[参考]<芸能人で売れるのはメジャー顔>メジャー顔が全くいなかった2019年M-1

この類型に当てはまるのは、関西なら、横山やすし。関東なら立川談志である。もちろん彼らのこの芸風を蛇蝎のごとく嫌う良識派の人もいるが、50%以上の人は彼らを自分たちとは違う特別な人と認識し、自分では言えない本音を代弁してくれる勇気あるバカとして笑いながら許容した。以来、ビートたけしはそのキャラクターを、現在まで、40年の長きにわたって維持しているように思える。

「こんにちは。川俣〇司です」(当然伏せ字にはしていない)

「寝る前にちゃんと絞めよう親の首」

「何でもゲラゲラ笑いやがって! 本当はお前らみたいな客、大っ嫌いだったんだよ!」

「フライデー編集部を襲撃・謹慎」

「原付バイクで東京都新宿区の安鎮坂付近を走行中に激突事故」

「どうも、フランスだけで人気のある映画監督です」

筆者はいくつかのビートたけし番組を構成した。『世界まるごとHOWマッチ(毎日放送)』、『オレたちひょうきん族(フジテレビ)』、『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城 (TBS)』、『OH!たけし(日本テレビ)』・・・。

あわせて読みたい

「ビートたけし」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  5. 5

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  6. 6

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  7. 7

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  8. 8

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    農薬は中国並み 日本農業の誤解

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。