記事

米ボーイング、MAX運航停止で受注「マイナス」に 納入も半減


[14日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>が14日発表した2019年の総受注数は前年比77%減の246機となり、キャンセルや初期受注の変更を反映した純受注数は54機と昨年の893機から大幅に減少した。

同社は、過去に受注しながらも納入見通しがたっていない機数を勘案すると、昨年は受注がマイナス87機になった、としている。

小型ジェット旅客機737MAXの運航停止が影響、納入数も53%減の380機となり、8年ぶりに欧州大手エアバス<AIR.PA>に航空機トップの座を譲った。

同社の長・短距離旅客機の受注残はなお5400機を超えている。

エアバスが10日に発表した昨年の純受注機数は3%増の768機。納入機数は7.9%増の863機だった。[nL4N29F3JC]

アナリストによると、ボーイングはMAX機の運航停止で毎月約10億ドルの損失が出ていると推定。昨年第3・四半期は約30億ドルのネガティブキャッシュフローが出たと明らかにした。第4・四半期決算は今月29日に発表する予定。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ボーイング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。