記事

米ボーイング、MAX運航停止で受注「マイナス」に 納入も半減


[14日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>が14日発表した2019年の総受注数は前年比77%減の246機となり、キャンセルや初期受注の変更を反映した純受注数は54機と昨年の893機から大幅に減少した。

同社は、過去に受注しながらも納入見通しがたっていない機数を勘案すると、昨年は受注がマイナス87機になった、としている。

小型ジェット旅客機737MAXの運航停止が影響、納入数も53%減の380機となり、8年ぶりに欧州大手エアバス<AIR.PA>に航空機トップの座を譲った。

同社の長・短距離旅客機の受注残はなお5400機を超えている。

エアバスが10日に発表した昨年の純受注機数は3%増の768機。納入機数は7.9%増の863機だった。[nL4N29F3JC]

アナリストによると、ボーイングはMAX機の運航停止で毎月約10億ドルの損失が出ていると推定。昨年第3・四半期は約30億ドルのネガティブキャッシュフローが出たと明らかにした。第4・四半期決算は今月29日に発表する予定。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ボーイング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  8. 8

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。