記事

こども宅食、政策化へ

フローレンスと同志のNPO/企業が文京区で開発した「こども宅食」。

 子育て家庭に食品配送を通じてアウトリーチできることが注目を浴び、全国6府県に広がっています。

 我々は、社会問題への「小さな解」として事業を生み出し、それを政策化・制度化することで、全国に広げ、スケールすることを戦略としています。

 そのため、こども宅食事業をしながらも、厚労省や国会議員の方々に、こども宅食で行っているアウトリーチについて知って頂き、政策化していただくような政策提言を行ってきました。

 そうした動きに応え、この度、厚労省令和二年度予算案に「子育て家庭へのアウトリーチ事業」が盛り込まれたのでした!


参考:令和2年度予算案の概要(子ども家庭局)P8https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20syokanyosan/dl/gaiyo-15.pdf?fbclid=IwAR37S8eZBuzz48hYn_qfR66hcD4T_epTdKeqvtS05FJuCZABgF6KisNxF6o

 これで、全国で補助を活用してこども宅食を運営することが可能になり、運営のハードルは一気に下がり、より立ち上げやすくなったと言えるでしょう。

【国の次は自治体】

 一方で、せっかく国が予算を取って政策を作ったとしても、都道府県、そして基礎自治体がそれを受けて予算化しなければ、何ら意味がありません。

 ここからは地方議員さん・地方自治体の職員の皆さんの出番です。

 ぜひ、あなたの都道府県で、あなたの基礎自治体でこの事業の予算化を行ってください。

 そして、子育て家庭へのアウトリーチを導入してみてください。

 それが、虐待や障害、貧困、ひきこもり等の子ども達の危機に早期に気づき、社会資源と繋げていって、危機を予防することにつながっていくのです。

あわせて読みたい

「こども宅食」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    選挙ファーストがもたらした3桁

    鈴木しんじ

  3. 3

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  5. 5

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    設楽 4億円豪邸で境界線トラブル

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 コロナ報道に言及

    小林よしのり

  9. 9

    都知事は東京アラート再発動せよ

    早川忠孝

  10. 10

    永寿総合病院の謝罪は必要なのか

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。