記事

内弁慶な日本企業

1/13の日経新聞の7面、「自動車一極集中の危うさ」を読み、思ったことが、このブログの表題である。記事には、日本の産業構造の中で電機・電子・情報通信が後退し、自動車が突出したとある。その状況に困っている日本企業があるとか。

困っている日本企業とはどこか。記事には日本製鉄の名があった。他の高炉メーカーも同じだろう。

日本製鉄をはじめとする高炉メーカーは近代日本の歴史の立役者として登場し、戦後の経済発展をも支えた。だから名門の誉が高い。経済団体のトップも務めてきた。

父親も高炉メーカーの株式を相当保有していた。売却して亡くなったが。

現在、高炉メーカーは日本国内で利益を稼げていない。株価も冴えず、日本製鉄の時価総額は1.5兆円しかない。日本企業での順位を調べたところ92位らしい(ヤフーファイナンス)。他の高炉メーカーの時価総額は1兆円に達していない。隔世の感がある。

記事では、その日本製鉄、電機向けが縮小した結果(造船も消えつつあるし)、国内の販路がトヨタなどの自動車メーカーに偏り(半分に達しているとか)、価格交渉で圧敗しているとか。これが国内で儲からない直接の要因である。

でも、圧敗しているのはトヨタのせいでも、電機や造船のせいでもない。日本製鉄が海外市場を開拓してこなかったからにすぎない。要するに、国内での力と名声にあぐらをかいてきたせいであり、自ら国内の需給バランスを崩したのである。

内弁慶だったとも言える。海外に出ると、国内ほどの力も名声もない。

サラリーマンは「失敗」を恐れる。失敗は失点であり、出世の道を閉ざされかねない。成功しても「わが社の力からして当たり前かな」と、これまた内弁慶な経営者に思われ、大して褒められない。とすれば、リスクのある海外を避け、内にこもって威張っていたほうがいいに決まっている。とすれば、「海外に行きましょう」なんて変に口走らないのがいいに決まっている。

京都企業の例を出すまでもなく、日本の製造業の軸足は海外に移った。売上高の半分以上は海外という企業が普通である。京都企業はさらに海外比率が高い。一方の日本製鉄は34%とある。国内での力にすがり、海外に打って出るのが遅れた証拠である。かつて世界一の製鉄会社だったことからすれば、大変惜しいのだが。

もっとも、栄枯盛衰は世の常でもあり、日本製鉄にかぎらない。とは言いながら、世界を見渡すと頑張っている企業もある。世の中の流れと、その中での自分の位置を見極め、それでどうするのか判断し、行動する。生き残りたいのなら大きなリスクも取る。とりあえずの教訓である。というか、当たり前のことにすぎないのだが。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    雅子さまが令和の皇后像を築くか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  9. 9

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  10. 10

    消費税一律8%に 維新が法案提出

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。