記事

内弁慶な日本企業

1/13の日経新聞の7面、「自動車一極集中の危うさ」を読み、思ったことが、このブログの表題である。記事には、日本の産業構造の中で電機・電子・情報通信が後退し、自動車が突出したとある。その状況に困っている日本企業があるとか。

困っている日本企業とはどこか。記事には日本製鉄の名があった。他の高炉メーカーも同じだろう。

日本製鉄をはじめとする高炉メーカーは近代日本の歴史の立役者として登場し、戦後の経済発展をも支えた。だから名門の誉が高い。経済団体のトップも務めてきた。

父親も高炉メーカーの株式を相当保有していた。売却して亡くなったが。

現在、高炉メーカーは日本国内で利益を稼げていない。株価も冴えず、日本製鉄の時価総額は1.5兆円しかない。日本企業での順位を調べたところ92位らしい(ヤフーファイナンス)。他の高炉メーカーの時価総額は1兆円に達していない。隔世の感がある。

記事では、その日本製鉄、電機向けが縮小した結果(造船も消えつつあるし)、国内の販路がトヨタなどの自動車メーカーに偏り(半分に達しているとか)、価格交渉で圧敗しているとか。これが国内で儲からない直接の要因である。

でも、圧敗しているのはトヨタのせいでも、電機や造船のせいでもない。日本製鉄が海外市場を開拓してこなかったからにすぎない。要するに、国内での力と名声にあぐらをかいてきたせいであり、自ら国内の需給バランスを崩したのである。

内弁慶だったとも言える。海外に出ると、国内ほどの力も名声もない。

サラリーマンは「失敗」を恐れる。失敗は失点であり、出世の道を閉ざされかねない。成功しても「わが社の力からして当たり前かな」と、これまた内弁慶な経営者に思われ、大して褒められない。とすれば、リスクのある海外を避け、内にこもって威張っていたほうがいいに決まっている。とすれば、「海外に行きましょう」なんて変に口走らないのがいいに決まっている。

京都企業の例を出すまでもなく、日本の製造業の軸足は海外に移った。売上高の半分以上は海外という企業が普通である。京都企業はさらに海外比率が高い。一方の日本製鉄は34%とある。国内での力にすがり、海外に打って出るのが遅れた証拠である。かつて世界一の製鉄会社だったことからすれば、大変惜しいのだが。

もっとも、栄枯盛衰は世の常でもあり、日本製鉄にかぎらない。とは言いながら、世界を見渡すと頑張っている企業もある。世の中の流れと、その中での自分の位置を見極め、それでどうするのか判断し、行動する。生き残りたいのなら大きなリスクも取る。とりあえずの教訓である。というか、当たり前のことにすぎないのだが。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  4. 4

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  8. 8

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  9. 9

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  10. 10

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。