記事

「金があれば何でもできる」安田純平氏、渡航経験のあるレバノン事情に言及



 ジャーナリストの安田純平氏が、日本から逃亡したゴーン被告が滞在するレバノンについて言及。「シリアにある武器や戦闘員は、レバノンからどんどん入ってくる。レバノンは金があれば何でもできるような所だ」と語った。

 安田氏は渡航先のシリアで3年4カ月に渡って武装集団によって身柄を拘束された経験を持つ。そのシリアに入国する前に訪れたというレバノンについてそのように安田氏が語ると、国際政治学者の舛添氏も次のようにレバノン事情について言及した。

「(他の中東諸国とは異なり)石油が出ないから頭で稼ぐしかない。英語もフランス語も出来る人が多く、世界中で1500万人ほどが活躍している」

 その一方で格差社会について話を向けられると「電気、水道、ガス、中でも携帯電話がダメで、周辺諸国と比べて携帯電話料金が30倍くらい高い。そのため無料電話アプリ・ワッツアップを使って世界中の親戚と連絡を取っていたが、昨年10月にそのアプリに課税すると政府が言ったことを受け、反政府デモが起こっている」と話した。

 さらに舛添氏は「権力を握っているのは皆、ゴーンの味方。金を握らせれば何でもできる」と補足すると、ゴーン被告に国外脱出を許した日本の空港の警備体制についても「警察ではなく、請け負った民間の警備会社がやっているので、いい加減と言えば、いい加減だ」と指摘した。(AbemaTV/『Abema的ニュースショー』)

【映像】レバノン事情に言及する安田純平氏

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  5. 5

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  6. 6

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  7. 7

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  8. 8

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    農薬は中国並み 日本農業の誤解

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。