記事

ソレイマニ司令官の殺害は「合法」=米司法長官


[ワシントン 13日 ロイター] - バー米司法長官は13日、トランプ大統領にはイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害する権限が明らかにあったとし、司令官に対する攻撃を実行する前にホワイトハウスから司法省に相談があったと述べた。

同長官は記者団に「ソレイマニ司令官は合法的な軍事目標だった」と発言。攻撃は「合法的な自衛行為」だったとの認識を示した。

同長官は「司法省は相談を受けた。率直に言って私はぎりぎりの決断だとは思わなかった」とし「大統領には明らかに行動する権限があった。大統領は多くの異なる根拠の下で行動した。当時、イラン人は我々を中東から追い出すという目標を明言し、同盟国・米国人・米軍に対する一連のエスカレートした暴力行為に乗り出していた」と述べた。

同長官は「こうした行為を担当していたソレイマニ司令官は、明らかに合法的な軍事目標だった。攻撃を実行する時間は非常に限られていた」とし「合法的な自衛行為だった。実行中だった反米行動を中断し、抑止力を再び確立したためだ」と述べた。

ソレイマニ司令官の殺害を巡っては、米国に対する攻撃が差し迫っていたとのトランプ政権の判断や、攻撃のタイミング、政権内の調整過程のほか、議会への事前通知がなかったことを問題視する声が出ている。

トランプ大統領は13日、ソレイマニ司令官を無人機攻撃で殺害したことについて、米国にとって差し迫った脅威があったと強調する一方、同司令官の過去の行いからすると、それは重要な問題ではないと述べた。[nL4N29I36H]

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  5. 5

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  6. 6

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  7. 7

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  8. 8

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    農薬は中国並み 日本農業の誤解

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。