記事

【ウォルグリーン】、クーラー・スクリーンを2,500店舗に導入!サブリミナルで効果大?

■ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーンはデジタルディスプレイ搭載のリーチインクーラー「クーラー・スクリーン(Cooler Screens)」を2,500店に導入する。

クーラー・スクリーンは飲み物やアイスクリームなど冷蔵・冷凍した状態のまま商品を陳列することができるリーチインショーケースのガラス扉部分をデジタルディスプレイにしたもの。

リーチインクーラーに置かれているミネラルウォーターやビール、アイスクリーム、冷凍食品などの商品をデジタル表示する。

デジタルスクリーンでは商品の並びを入れ替えることができ、コマーシャル等のイメージ動画や価格もリアルタイムで変更可能だ。

デジタルスクリーンを搭載したリーチインは2017年にシカゴで創業したスタートアップのクーラースクリーンが開発。

クーラースクリーンの共同創業者にはウォルグリーン元CEOのグレゴリー・ワッソン氏も名を連ねている。

ウォルグリーンでは2019年初頭からシカゴやシアトル郊外の6店舗でクーラースクリーンのテストを開始。

利用者から好評だったことからまずはシカゴ市内の50店舗にクーラー・スクリーンを設置して、2,500店への導入を目指す考えだ。

 スマート・リーチインとも言えるクーラー・スクリーンにはカメラやセンサーも内蔵したIoT仕様となっている。

顔認識システムから誰がどの商品を見て、何に手を伸ばしたが分析できるようになっているのだ。顔認証のAI分析から顧客の性別や年齢が判断でき広告などのマーケティングに生かせるという。

例えば飲料メーカーが若い女性向けにテレビコマーシャルなどのキャンペーンを行ったとき、宣伝活動の効果の有無を確認できるのだ。

デジタルスクリーンの表示で、コカ・コーラ社のスプライトをペプシコ社のマウンテンデューを並べることで売上の違いを調べることも可能となる。

また年配の女性は他の曜日に比べて特定の曜日の夜にアイスクリームを購入する傾向が多くなるなども分かるのだ。

さらにアイリス(眼の虹彩)トラッキングでリーチインの扉を開いたあとの顧客の目の動きも分析可能となる。

視線をトラッキングすることで、特定の商品でユーザーの視線がとまる「アイキャッチング」となる商品の多寡からキャンペーン効果もわかるのだ。

 ウォルグリーンと提携したクーラースクリーンには世界最大の食品・飲料メーカーのネスレやコナグラ・フーズ、ミラークアーズなど20社以上がパートナーシップを結んでいるという。

ウォルグリーンの数千店にクーラースクリーンが置かれることで月間7,500万人がクーラー・スクリーンを見にすることになる。

視認性の良さからドラッグストアに限らずスーパーやディスカウンターなど他のチェーンストアにも導入が拡大しそうだ。

トップ画像:ウォルグリーンに導入されたクーラー・スクリーン。リーチインクーラーのガラス扉部分をデジタルディスプレイにしており、遠くからでも商品がはっきりと見える。コマーシャル等のイメージ動画や価格もリアルタイムで変更可能だ。

通常のリーチインクーラーとクーラー・スクリーンの商品の視認性を比べてもらいたい。ディスプレイ上に商品を示したほうが商品訴求がまるで違うことを理解できるはずだ。大手食品メーカー等がクーラー・スクリーンとパートナーシップを結ぶ理由でもある。

クーラー・スクリーンをチェックする担当スタッフ。クーラー・スクリーンはIoTでありスタッフが手にしているタブレットでスクリーンの操作を行っているのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当社IT&オムニチャネル・ワークショップ参加者に評判が良かったのはクーラー・スクリーンです。特に食品メーカーや販社、IT企業等のクライアントはかなりの興味を示しています。ガラス扉越しにある商品よりディスプレイ表示された商品のほうが、目で見たときの確認のしやすさが抜群だからです。

ディスプレイ上でコマーシャルやイメージ動画を流せることもひきつけています。ところで人気となる商品には必ずUSP(Unique Selling Proposition)があります。USPとは他にない独自の価値を提案することです。クーラー・スクリーンなら扉に近づいてきたお客にUSPをイメージにしてサッと見せることができるのです。商品を売る下準備(専門語でプレスエージョン:Pre-suasion)となる説得をサブリミナルに埋め込んで見せることが可能なんですね。サブリミナル・メッセージはテレビ映像ではできませんが、店内にあるクーラー・スクリーンでは(いまのところ)可能ですから...

 大手食品・飲料メーカー20社以上がクーラー・スクリーンとパートナーシップを結んでいるのは商品を際立たせるためだけではないのですね。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  8. 8

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  9. 9

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。