記事

ブログなどのコメント欄のあり方 ブロゴスがコメント欄を閉鎖することに思う

 私のブログも転載されているブロゴスですが、コメント欄が今年1月末をもって閉鎖(新規の書き込みができないこと)されるそうです。


 ブロゴスのコメント欄は、それぞれの作成者が閉じるかどうかの選択ができるようですが、私はコメントは自由なのかなと思っています。あくまで管理者はブロゴスだからです。私が直接、管理しているブログはコメント欄は開いていますが、但し、私の承認制です。私が誹謗中傷と判断したものはすべて削除しています。

 これは私が管理しているものであり、私としての秩序も考慮しています。中には他のコメントされた方々に対して絡むコメントもあることから、「コメントしづらい」という苦情も寄せられたこともあります。同一のハンドルネームをつけることを求めてもなかなか徹底されません(誰もが常連の方ではないので仕方ないのですが)。私自身もこうしたコメント管理には苦慮することもありました。

 他方でブロゴスは、転載サイトであり、そこで何をどのようにコメントされようが全く気になりません。勝手に言っててねというくらいです。それは私のブログ(意見)を他の方々が、ネット上で、ブログやツイッター、あるいはフェイスブックで批判するのが自由なのと同じです。

 私自身のブログのコメントを当方の基準で削除したりもしていますが、それを表現の自由の侵害だと言ってくる人たちもいますが、それは全く的外れです。他人の管理するところで掲載しないことはどのマスコミも同じことで、当然に掲載しなければならないものではありません。それを私の管理するブログに載せろということ自体が、私のブログ上の表現の自由の侵害です。

 他で自由に批判はできるし、その自由も保障されています。ブロゴスのコメント欄もその1つの場ではありました。

 ツイッターも同様で、私は基本的にはブロックはしません。勝手に自分の意見として発信してください、というのが私のスタンスだし、ツイッター自体がそうした個人の発信手段だからです。そうしたツイッターであるにも関わらず、妙に絡んできて私に回答を求める人たちもいますが、筋違いも甚だしいというか、構って欲しいという内心が見え見えで哀れとさえ思えます。

 ブロゴスのコメントやらツイートは参考になるものもあり、私自身にも有益なものも少なからずありました。私管理のブログではコメントしづらくてもブロゴスであればコメントできるというのは大きなメリットでもあったと思います。

 その意味ではブロゴスのコメント欄の閉鎖は私自身にとっても非常に残念です。

ネット上の議論は可能か?BLOGOSコメント欄閉鎖に寄せて」(常見陽平さん)
ブロゴスがコメント欄を閉鎖するそうだ。ああ、もったいない。」(早川忠孝さん)
荒れ果てるメディアのコメント欄。事業者側はどう考えているか?」(梅木雄平さん)
BLOGOSのコメント欄が全体的に残念な件」(Hayato Ikedaさん)

 とはいえ、ブロゴスがコメント欄の新規受付を停止しなければならなかったのは、コメント欄に寄せられたものの中には病んでしまったものも少なからずあったことが伝わってきます。

 匿名であったとしても、その内容によっては価値が変わるものではありません。確かにネット上に実名で意見を述べたりするのは普通は難しいだろうなということは理解できます。しかし、匿名でしかできないようなコメントであれば、もはやコメントとしての価値もありません。

 私が不快に思ったのは、実在のタレントの名前と顔写真を使ったものでした。悪意そのものですが、病んでいるとしか言いようがありません。

 ブロゴスでも、コメントの削除等に多大なコストを要するようになってしまったためと思われますが、非常に残念です。

あわせて読みたい

「ネットの匿名性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  5. 5

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  6. 6

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  7. 7

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  8. 8

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  9. 9

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

  10. 10

    GoTo まと外れの政府説明に呆れ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。